競馬

ホープフルS(G2) 2016 レイデオロ

投稿日:2016年12月26日 更新日:

藤沢厩舎キンカメ産駒レイデオロが内枠に入り一番人気。同馬主の関西馬グローブシアターが二番人気。武豊のサングレーザーが三番人気。

 

 

レースはニシノアップルパイが逃げたが4角で捕まり、直線に入ってアドマイヤウィナーとサングレーザーが先頭を争うが内に入っていたマイネルスフェーンがスルスルと間を衝いて先頭に迫る。しかしキャロットの二頭もじっくりと差してきて、中を割ったレイデオロが馬群を突き抜けて優勝。最内を突いたマイネルスフェーンは惜しくも2着、外を回らされたグローブシアターは3着となった。

レイデオロはなかなかつよい勝ちっぷり。時計2分1秒3も有馬記念の勝ち時計2分32秒6からすると、2歳なら非常に優秀。

問題は藤沢厩舎、2歳から使い始めるとクラシックまで持たないかマイラーになってしまう。青葉賞から発進してもダービー2着止まり。このジンクスを克服できるか。

 

-競馬
-, , , ,

執筆者:

関連記事

スプリングS  ステルヴィオ 2018 スローの上がりの競馬でエポカドーロを差す

フェアリーS 2018 プリモシーン

宝塚記念 2017 サトノクラウン

東京スポーツ杯2歳S ワグネリアン 2017

クイーンC 2018 テトラドラクマ 府中で二頭雁行からまさかの高速逃げ切り