競馬

京王杯スプリングカップ 2017 レッドファルクス

投稿日:

雨重馬場前半800が49秒0とスローペースの団子レースで、直線を向いてから用意ドンとなる。
その中で鋭い決め手を見せたのが、唯一のG1ホースで最大斤量だったレッドファルクス(デムーロ騎乗、尾関厩舎)。香港で惨敗したから、道悪や力のかかる馬場は苦手かと思ったが、外枠もあって中団外から上がり33秒7で差し切った。二着には人気が下がった時が怖いクラレント(岩田騎乗)、この馬も8枠を引いて好位からの競馬だった。三着は後方外から追い込んだグランシルク(戸崎騎乗)。

一番人気で昨年の覇者サトノアラジン(川田騎乗)は33秒8の上がりを出しながら、後方内からの競馬だったため、直線も中をつくのが精一杯で九着に沈んだ。

 


レッドファルクスは昨年のスプリンターズ・ステークスを1分7秒6で勝った現在6歳馬だが、安田記念では残り400を12秒+12秒で回っても1分31秒6だから十分に勝機はある。
サトノアラジンは昨年1400のG2を二つ勝っているが、今年はここからのスタートで完全に足を測った感じ。本番では二走ボケでない限り、よりパワーアップするはず。見込はありそう。
ただし三歳牝馬が出ても良い勝負になりそう。

-競馬
-, , ,

執筆者:

関連記事

きさらぎ賞 (GIII、芝1800m)2019 ダノンチェイサー 雨馬場を苦にせず完勝; 東京新聞杯 インディチャンプ

アメリカン・ジョッキーズ・クラブ・カップ(AJCC)2019 (GII, 芝2200m) シャケトラと角居師 奇跡の復活!; 東海S(GII,ダ1800m)インティ

若駒ステークス(L) 2019 ヴェロックス – サトノに乗り替えたルメールを返り討ち

中山金杯 2019 ウィンブライト – 軽量タニノフランケル逃げ粘りでうっしっし; 京都金杯はパクスアメリカーナ

マイルCS. 2016 ミッキーアイル