アニメ

無彩限のファントム・ワールド 最終回

投稿日:2016年3月31日 更新日:

京アニのファンタジーものも最終回を迎えた。

前回はサスペンスタッチで盛り上がりかけたが、今回は御都合主義に走り、盛り上がりにイマイチ欠けた。

第14話の水着回をOVA特典にしたって、誰が買うか。

 

全体としてみても、主人公の男子1人に女子5人だったが、ロマンス要素が全くなかった。

女性声優のネームバリューに頼って生かし切っていない。

ハッキリ言って久々の京アニ失敗作だ。

 

僕だったら、田所あずさ演ずるルルをヒロインの中心にする。

米国テレビドラマ「かわいい魔女ジニー」を想起させるファントム・ルルが人間になる話にすれば当たったと思う。

 

-アニメ
-

執筆者:

関連記事

SSSS.GRIDMAN 第12話(終)「覚醒」 さすがTrigger! 綺麗に終わらせた

南鎌倉高校女子自転車部 第13話 特別編「来たよ、台湾!」

それが声優!(終)査定、実は圧迫面接編、ゲストは原作者浅野真澄

SSSS.GRIDMAN 第6話 「接・触」 怪獣が出てこない回も良いものだ

響け!ユーフォニアム 第7回 予告 ついにラスボス登場