アニメ

タイムトラベル少女~マリ・ワカと8人の科学者たち 第2話「悲しみのギルバート」

投稿日:2016年7月17日 更新日:

一部で話題に登りだした良心的マンガ電磁気学物語「タイムトラベル少女」の第二回。

 

1600年に飛ばされたマリはギルバートに父と出会ったという港に連れて行ってもらうが、手がかりはなかった。

ワカと旬は研究所の電気を付けたため警官の職質を受ける。しかも警官は実は謎の男御影のスパイだった。

マリはギルバートに地磁気の方向を測定する伏角計のことを聞く。それよりワカに作らせるサッカーボール型のケーキの工夫に余念がない。それを見ていたギルバートは伏角計に関する重大なことを思いつく。

そのとき、マリは再び現代にタイムスリップしてしまう。ちょうどワカがマリの家に向かう途上に帰ってきた。

旬がWikipediaで調べると、1600年にギルバートは地球が南極をN極とする大きな磁石であることを証明したとあった。

今日でギルバート編は終わり。次回は凧で有名なベンジャミン・フランクリン。

-アニメ
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ひそねとまそたん 第5話 「スキ好んで嫌われたい人なんていますか?」

亜人ちゃんは語りたい 第7話 天ちゃん登場; 3月のライオン 第18回 ニャースベーダー対ニャーダ

すべてがFになる (8)

とある魔術の禁書目録III 第9話 「聖母崇拝」

お酒は夫婦になってから 第11話 「雨の夜に」