アニメ パッケージソフト 劇場版アニメ

RWBY(ルビー) Volume 1 日本語吹替版 ワーナージャパン 2013

投稿日:2017年7月4日 更新日:

アメリカで制作されたYouTube配信アニメを日本語で吹き替えたもの。
実は2013年に第1期が英語版で配信され世界的なヒットとなり、2015年には日本語吹き替え版劇場公開(配給ワーナージャパン)され、BD/DVDとしても発売されている。

このアニメはアメリカ産でありながらアメコミではなく日本のCGアニメを参考にして作られている点が多々ある。スピード感はアメリカ映画的であり、セリフの速さも日本よりずっと速い。しかし攻撃パターンやSD(デフォルメ)シーンなど、どこかで見たことがある演出が至る所に現れる。アクションシーンは「ブラックロックシューター」、ストーリーは「天元突破グレンラガン」の影響を強く受けていると制作スタッフの一人は認めている。

 

2014年に第2期英語版がYoutubeで配信されたが、2015年に監督が急病で亡くなるという不幸に見舞われる。しかし何とかその年中に第3期の配信が行われた。日本でも2016年に第2期、第3期の劇場公開、BD/DVDの発売が行われている。

2017年夏の日本での配信及び放送は、第1期から第3期までの上映分を一つの三部作と考えたうえで、12~3話に再編集したものである。これらは壮大な物語の序章と考えられる。これを全て放送した上で、秋にRWBY第4期の日本語吹替版を劇場上映することになっている。

 

第1期は16回だが一本一本が日本のように23分と定められているわけではない。16本合わせてテーマ音楽を抜いたらちょうど二時間になっている。日本での劇場版上映時、この形式で編集されていた。
今回テレビやAbemaTV で放送されるのは、各話にCMを付けて1話30分単位に再編集したものである。
見る側はそんな放送はかったるいので、まず第1期の劇場版をdアニメで無料視聴した。

グリムというモンスターが現れ、人間たちは危機に瀕したが、ダストという新しいエネルギーのおかげで再び人間が安全に暮らすことができるようになった時代。
まずシグナルアカデミーのルビー・ローズ(CV早見沙織)が街でダスト強盗に遭遇し、得意の大鎌で後を追うが反撃を受ける。そこを救ってくれたのがビーコンアカデミー(ハンター養成校)のグリンダ教師(浅野真澄)だった。ルビーの取り調べの場にオズピン学長(井上和彦)が現れて彼女を気に入り、ビーコンへ飛び級で迎える。

ビーコンにはルビーの異母姉ヤン(小清水亜美)がいた。初日に出会って早々喧嘩をしたお嬢様ワイス(日笠陽子)、取っつきにくい美少女ブレイク(嶋村侑)とも最初のグリム討伐を通してお互いの力を認めて4人は仲間になった。
途中他のグループのジョーンとピュラ( ♀)の関係がぐっと近付くエピソードがあった。終盤はワイスの口論から、獣人だったブレイクは連続強盗事件に巻き込まれる。そしてルビーの知り合いペニーがギルガメッシュ顔負けの攻撃を見せ、ラスボスらしき敵が出て来て第1期の引きだ。

何がいいと言って主題歌がアメリカンロックなのがイカしている。ストーリーと演出法はかなり日本に寄っていて、予算がないためCGのチープさまでかつての日本らしい。
もちろんアクションのスピードは猛烈に速く、実写にCGを載せてもあの速度は出せない。何から何までアメリカっぽくカッコいいんだけれども、日常はどこか日本的というのが、このアニメの魅力である。

監督製作脚本 モンティ・オウム
吹替配役
ルビー 早見沙織 (劇場版の頃は司馬深雪をやってた頃)
アイス 日笠陽子
ヤン 小清水亜美
ブレイク 嶋村侑
ジョーン 下野紘
ピュラ 豊口めぐみ
ノーラ 洲崎綾
ライ 斉藤壮馬
オズピン教授 井上和彦
グリンダ教師 浅野真澄
シンダー 甲斐田ゆき
ローマン 三木眞一郎

なおRWBYとけものフレンズを考察した文献は次を見よ。

Youtube配信アニメRWBY (ルビー) 米国 2013 と「けものフレンズ」の関係

しかしRWBY という題名は、やはり国産プログラミング言語ruby が元なのだろうか。

-アニメ, パッケージソフト, 劇場版アニメ
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

天使の3P! 第8話「壁画の美少女」

ガンゲイル・オンライン 第12話(最終回) 「拍手」

あそびあそばせ 第6話「アスタリスク/テスト勉強/イメチェン/激闘、再び」

アトム ザ・ビギニング 第2話 「ベヴストザイン」

冴えない彼女の育てかた♭ 第9話 紅坂朱音の野望