P.A.Works アニメ

有頂天家族2 第1話 「二代目の帰朝」

投稿日:

京都の町を舞台に狸と天狗と人間が織りなすファンタジー第二弾。森見登美彦原作小説「有頂天家族 二代目の帰朝」のアニメ化だ。前作に引き続いて「SHIROBAKO」「サクラクエスト」のPA works が制作。

弁天が世界一周に出かけてしまい、狸の矢三郎も天狗の赤玉先生こと薬師坊も生活に張り合いがない。そこへ突然、赤玉先生の二代目(間島淳司)が帰国した。
矢一郎は休止している南禅寺将棋大会の再開のために駆け回っている。それもそのはず南禅寺家当主の妹で赤玉先生門下の玉蘭(CV日笠陽子)に惚れているようだ。矢三郎と矢一郎が偽右衛門を待っていると突如、金閣銀閣の兄弟を伴って長男呉一郎(CV中村悠一)が現れる。
二人は狸界の頭領偽右衛門に面会して二代目について尋ねる。何でも100年前に赤玉先生と決闘して敗れてから海外に渡ったそうだ。
その赤玉先生は二代目が帰国したと知り、果たし状を矢三郎に託す。

前作はスロースタートで父親の死が明らかになってから話が大きく動いた。今作は初回の引きからバトルモードに入りそうだ。でも予告編を見る限り恐らくは仲裁が入るようだ。最終的に二代目は弁天さまと戦うことになるそうだ。
最初に盛り上げて途中に日常感も入れながら最後もバトルモードに入る感じだ。これはかなり面白い予感がする。

-P.A.Works, アニメ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

ネト充のすすめ 第2話 「私たちは何も知らない」

ノラと皇女と野良猫ハート 第1話 「魔法で猫になっちゃった!?」

ネト充のススメ 第8話 「一歩前へ踏み出してみた」

りゅうおうのおしごと! 第7話 「十才のわたしへ」 メンマ降臨!涙と感動の桂香回

シュタインズ・ゲート ゼロ 第11話 「存在忘却のパンドラ」 えっ、真帆もう帰っちゃうの?