アニメ

クロックワーク・プラネット 第1話(新) オートマタという語を使うアニメに

投稿日:

千年前、死滅するところを時計技師Yによって歯車だけで再構築された地球で人類は生存していた。しかし電気文明を失い進歩への道も閉ざされている。ある日、天才少女時計技師マリーの部下はYの作った自動人形(200年前に止まったまま)を飛行機から落としてしまう。

 

 

せっかくタイトルにクロックワーク(時計仕掛け)という言葉を使っているのに、劇中でオートマタ(自動人形)という語をわざわざ使うアニメは何故かつまらない。オートマトンの講義(数理言語学)の成績が良くなかった後遺症か。

南條愛乃が主人公の少年の声を演じるので楽しみしていたが、第1話を見た限りタカピーなオートマタ・リューズローゼンメイデン真紅たちと発想が同じ。(何故かともに合作)そこに攻殻機動隊が少しまぶされている。

さらに加隈亜衣が出演するアニメは肌に合わない。(ただしWIXOSSは除く)アニメ導入部で先に進む気持ちが挫けそうだ。

こうやって見てみると、ローゼンメイデンのアンティーク・ドールという発想が秀逸なものだったと気づく。

-アニメ
-, , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

クリオネの灯り 第1話 「独りぼっち」

New Game!! (2期)第1話 テレビ版 「恥ずかしいところを見られてしまいました…」

ハイスクール・フリート 第十話「赤道祭でハッピー」

舟を編む 最終話(11) 大渡海

2017夏アニメ第2週を終えて