アニメ

シンデレラガールズ(20) トライアドプリムスと本田爆弾宣言, GATE 温泉回 : 金曜アニメ

投稿日:2015年8月29日 更新日:

シンデレラガールズ

今日は面白くなってきた。第2期が始まってから今までは武内Pの一方的ターンだったが、今回からはしばらく常務の猛反撃が楽しめそうだ。

346プロ秋の定期ライブの話が出て、そこで常務が新しいプロジェクト「クローネ」をお披露目する予定だが、その中に速見奏、塩見周子、鷺沢文香、橘ありす、大槻唯、宮本フレデリカの他に凜とアーニャの名前があった。武内Pは抵抗するが常務は二人には悪い話ではない、君はアイドルの自主性を尊重すると言っていたではないかとはねつける。

 

アーニャはソロデビューを常務に命じられた。彼女はラブライカの相棒新田美波に相談しようか迷ったが最後は一人で決断し、Pと新田に事後報告し二人は快く了承した。また常務は凜に神谷奈緒と北条加蓮とトライアドプリムスを結成しろという。二人と会った凜は最初NGSの活動を理由に断ったが、北条の熱い想いにほだされて一緒にレッスンをしてしまう。そしてNGSの二人に掛け持ちしても良いかと相談するが、本田は飛び出してしまう。今回はPが本田の異常に気づきとっさに追い、何か話をしたようである。翌日、アーニャと本田のソロデビューが発表された。

最後はどんでん返しだったなあ。凜について発表すると思っていたが、本田が先に動き出すとは思わなかった。これで間接的に凜のTP入りを支持したことになる。すると後はしまむーだけである。新田はオールマイティの蘭子と組めば良いが、しまむーはちょっと合わない感じだ。やはりソロになるのか、それとも秋の定期ライブは欠席か?

しかしクール色の強い常務のプロジェクト・クローネと、ロック・バラエティ成分がかなり強くなったキュート・パッション系シンデレラ・ガールズは346プロで両立するような気はするが。

なおニコ生の採点はとても良かった92%とこのアニメにしてはかなり低い。最近の若い連中は少し欝展開になると、批判ばかりして、その後に得られる成長やカタルシスを考えようとしていない。全くの馬鹿である。ゆとり世代だから仕方ないのであろうが。

GATE

 

GATEは今回も外人のコメが多かったようだ。とくにアメリカ人は同盟国日本の自衛隊に海兵隊員が殺されるシーンを信じられなかったようだ。でも日本の特戦群は最強だという話だから、007でなければそう簡単に勝てない。しかもアメリカに身柄拉致を狙われているお姫様はBL雑誌に夢中で騒ぎを全く知らない。

 

前半、三人娘はお買い物、姫たちは異世界の図書館でゲイ術調査、伊丹は秋葉原で同人誌を購入して麻生太郎を模した防衛大臣にお土産として差し上げていた。防衛大臣は伊丹に次の作戦を指示。後半は箱根の温泉宿でお楽しみシーン、酔った勢いで栗林とロゥリィが浴衣でくつろぐ男性陣を拉致、気がつけばみんな寝入っているがロゥリィだけは外での米中露のスパイの暗躍に気づいていた。

次週はロゥリィが覚醒してアメリカ海兵隊員の生き残りを皆殺しにするだろう。アメリカ人の反応が楽しみ。

 

 

Classroom Crisis」は選挙戦。ナギサは霧科グループと闇でつながっている与党議員を組合とつながって野党の大宇宙党に公示日直前に鞍替えさせ、当選を勝ち取る。おかげで次兄は責任を取らされあっさり左遷されてしまう。

少し次兄の退場があっさりうまくいき過ぎた。次に残ったのが長兄でラスボスかな。

監獄学園」はいよいよGTOが発動し退学の内定が出て終わりかと思わせておいて、次週「表の生徒会」の巻き返しが始まる。

 

 

 

-アニメ
-

執筆者:

関連記事

サクラダリセット 第10話 「Memory in Children 3/3」

舟を編む 第10話 矜持

ひそねとまそたん 第8話 『期間限定!激辛おばあさん味』

たつき監督、けものフレンズ2期から外れる?!

ようこそ実力至上主義の教室へ 第5話「地獄、それは他人である」