アニメ

ようこそ実力至上主義の教室へ 第2話 「才能を隠すのにも卓越した才能がいる。」

投稿日:

初めはダメクラスが頑張って一位になる話かと思ったが、最後に超展開があった。帰宅部の主人公ツエエでクラスも中間考査で急に好成績を取る。クラスPの方はカンニングか裏取引があったようだ。櫛田がフラグを立てていたから何かをやったのだろう。
しかしシスコンのヒロインは何かの役にたったのか?

超展開なのは一般に良いことなのだけれども、このアニメの場合はちょっとあざとい。視聴を続けるか、考えるなあ。

前回、主人公の残高が非常に高かったのは善行をしていたからではなくて、単に節約をしていたからのようだ。ヒロイン同様に学校の内実を知っていたのだろう。

-アニメ
-, ,

執筆者:

関連記事

冴えない彼女の育てかた♭ 第7話 「リベンジまみれの新企画」

ケムリクサ 第12話(終) わかばは二度死ぬ?そのとき・・・

少女終末旅行 第6話 「故障/技術/離陸」

フレームアームズ・ガール 第8話 国営昭和記念公園の恐怖

2019年冬ベストアニメ決定 覇権アニメは「ケムリクサ」と・・・