アニメ

バーナード嬢曰く。最終話(12) 一人旅

投稿日:

神林しおりは親戚宅へ新幹線に乗って一人旅だ。そしたら町田さわ子から電話がかかって来た。他愛もない電話だったが、こと読書に限っては熱く返事してしまって自己嫌悪に陥るのがしおりの悲しいサガだった・・・

今期の大穴は読書家と思われることに憧れるおバカなバーナード嬢(町田さわ子)が騒動を起こすだけのショートアニメだった。これをここまで上位に押し上げたのは、ひとえに神林しおり(小松未可子)の突っ込み力だろう。

巷には百合漫画と勘違いしている連中がいるが、これは友達がいない連中が図書館にたむろして孤独な人間を観察することから始まった話であり、友達探しのお話である。

 

-アニメ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

終物語(6)そだちロスト其の参、うたわれるもの偽りの仮面(6)カルラ、トゥカ登場

ボールルームへようこそ 第13話 「お見合い」

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 第12話 『覚めない夢の続きを生きている』

カブキブ 第2話 「いとしと書いて藤の花」

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 第13話(終)「明けない夜の夜明け」

咲太の前に成長した翔子が現れた。翔子は打ちひしがれた咲太を慰めてくれる。

そのまま泣き濡れて眠ってしまった咲太を置いて翔子は帰って行った。

麻衣もロケ先の金沢から電話を掛けてきたが、かえでが消えて花楓が復活したことに驚いていた。

数日後、麻衣が突然咲太の部屋に現れる。咲太を慰めようと思ったのだが、翔子が先に来ていたことを知り拗ねていまい金沢へ帰る。