アニメ

覆面系ノイズ 第10話「アリスに火をつけたのは、ぼくだった」/シンデレラガールズ劇場

投稿日:

今週の覆面系ノイズは、人気歌番組「ミュージックキング」イノハリが初登場する。そこでアリスは好物は何かと聞かれ、ネギマと答えSNSで祭りとなる。一方、モモニノをイノハリに取られたことを根に持ち、転校してしまう。モモはニノに間接的にイノハリを辞めるように言うが、ニノのイノハリ愛を焚き付けてしまう。モモのバンド黒猫はイノハリを潰すために、夏フェスで同時刻にキャパのより大きい会場を押さえた。イノハリは、ますます燃えて合宿練習をする。ハルヨシの提案でアリス(ニノ)リズムギターを弾きながら歌うことにする。マネージャーのヤナは反対したが、メンバーは夏フェスまで毎週末合宿して人前で聴かせられる演奏に仕上げるつもりだ。アリスの演奏は上達したのだが、逆にボーカルが大人しくなる。そこでユズはアリス自身の気持ちをアドリブで歌えと言う。
その歌はモモに対する恨みつらみであったが意外とハマっていたので、アリスに新曲の作詞をするように勧める。

何故、転校させるぐらいなら設定の段階から別の学校にしなかったのか。イノハリの悪口を言うだけで十分では無いのか。これは要するに作者が初めの設定の誤りに気付いて方向転換したのだろう。同じ高校だとわかった途端に転校するバカがいるか。まだ好きなのが誰にもバレバレでは無いか。
迷走を続けながら、夏フェスで大きな盛り上がりを見せてくれる予感がするので、視聴継続中。

シンデレラガールズ劇場(シン劇)は、パッションの部になって力技で笑いを取りに来ているが、いまひとつパッとしない。今回は「きらりんロボ」回だと思ってたら、杏がエンドロールでワンカットだけ出て来てくれた。それに免じて見ている。新曲「あんきら!?狂騒曲」を発表したばかりだし、タイミングが良かった。
双葉杏がキュートやクール、パッションの枠を超えた存在だから出来るのだw。

-アニメ

執筆者:

関連記事

ひそねとまそたん 第9話 「ギャーーー!!」 もう一人のマジレッサー棗

ゴールデンカムイ 第1話 「ウェンカムイ」北海道開拓期のハードアクション

くまみこ 第5話「ウラハラ」 まちは空気を読んだw

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 第4話 「ブタ野郎には明日がない」

ようこそ実力至上主義の教室へ 第2話 「才能を隠すのにも卓越した才能がいる。」