アニメ

ゼロから始める魔法の書 第6話 「十三番」

投稿日:

セリフが非常に多くて、いずれもテラ子安に絡むものだったが最短時間で収録が終わった回だという。さすがテラ子安だ。

戦っていたゼロと十三番は突然食事のため休憩を取る。食事は十三番のおごりだ。デザートだけは美味しかったようだ。
食後、まずアルバスがゼロの魔術師として捕えられる。アルバスはゼロに助命を請うがゼロは断る。次に十三番は自室に傭兵を招き入れ、ゼロが傭兵を利用しているだけだと吹き込む。そして傭兵が城を去ろうとすると、ゼロが部屋の前に立っていた。

国家魔術師である十三番は魔術師というより詐欺師だ。みんな簡単に陥れられる。少し呆気なさすぎるが、それは魔術を利用してるのだろう。
ゼロとアルバスや傭兵は分断されてしまったが、どうせすぐよりを戻すに決まっている。

-アニメ
-, , ,

執筆者:

関連記事

昭和元禄落語心中2-助六再び編- 第4話 寿限無

冴えない彼女の育てかた♭ 第11話(終) 「再起と新規のゲームスタート」

響け!ユーフォニアム2 第7話「ラスボスは病み落ちママ?」

Just Because! 第10話 「Childhood’s end」

あそびあそばせ 第2話「暇つぶし/友情ゲーム/魔女裁判/ノンタイトルマッチ」