アニメ

月がきれい 第6話 「走れメロス」

投稿日:

今回も綺麗な終わり方をするかと思ったら、どんでん返しがあった。

千夏からのLINE以来、は陸上部の練習に身が入らない。大会当日に茜は小太郎と付き合っていることを千夏に告白すると許してくれたが、レースは散々だった。
小太郎は出版社から呼ばれるが、純文学でなくラノベを書いて見ないかという誘いだった。純文学はやりたいけど作家デビューの早いラノベも魅力だ。しかし茜と図書館で初心貫徹を誓い合う。
しかし千夏は茜に向かって、諦めるためにも小太郎に堂々と告白すると宣言する。

ますます面白くなって来た。モテる男は罪作り。
千夏も正当な権利を主張しているのだから、茜はたとえ相手が彼氏でなく亭主であっても親友に告白させてあげるべきだ。

でも小太郎は千夏の告白を受けてうまく返事ができず、結局親友二人は修羅場になるのではないか。とんだ「走れメロス」だ。

-アニメ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

お見合い相手は教え子、強気な、問題児。 第1話 「初めての恥じらい、快感、男の瞳。」

平成27年4月期アニメ4月15日での見通し

南鎌倉高校女子自転車部 第7話 レース終盤; 昭和元禄落語心中-助六再び編 第7話 幻の芝浜; 幼女戦記 第6.5話 総集編

はたらく細胞 第7話 「がん細胞」 カネキー!

アリスと蔵六 第2部放送直前特番