3月のライオン2前期 アニメ

亜人ちゃんは語りたい 第3話 サキュバスの悩み、3月のライオン 第14話

投稿日:2017年1月22日 更新日:

「亜人ちゃんは語りたい」第3話の原作部分は笑える内容と思わなかったが、A-1の演出と脚本で面白くなっていた。

サキュバス先生の朝は早い。余計な接触を避けるために始発に乗る。そして最後まで学校に残り、帰りは終電間近だ。それでも晩酌で憂さ晴らししなければやってられない。デュラハンちゃんが図書館に本を運べと言われて困っていたので、サキュバス先生が手伝った。するとデュラハンが恋愛相談をして来る。経験豊富と思ったらしい。デュラハンは高橋先生のことが好きだったが、実はサキュバスもそうだった。好みのポイントも全く同じで、生徒に対して嫉妬心を感じるのだった。

サキュバス先生はやはりエロいw。アニメ上の設定なのになんだかエロい。不思議だ。
また諏訪部順一のセルフエコーは笑った。
来週は雪女が過剰に自分の体質を意識するばかりにいじめられてバンパイヤが間に立って助けてやる話だ。


 

3月のライオン」第14話は島田八段に完敗して桐山零は脱水症状を起こし寝込んでしまう。久々に学校へ行っても誰も相手にしてくれない。いつものように屋上への階段でぼっち飯を食べていると、先生がやって来て島田八段の研究会に入ってはどうかと言う。そんな先生に桐山は「でも」を連発するだけだった。そこで先生が一喝する。

「でも」が100個揃えば開くドアがあればいいが、はっきり言ってねえよ、そんなドア。

 


 

BanG Dream」初回と「グランブルーファンタジー」初回先行放送(本放送は4月から)も始まったが、どこと言ってユニークな点は無し。

-3月のライオン2前期, アニメ
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

Re:ゼロから始める異世界生活 第三回「ゼロから始める異世界生活」

ボールルームへようこそ 第24話(終) 「ボールルームへようこそ」

風が強く吹いている 第14話 「一人じゃない」 喜安浩平渾身の脚本、作監六人、演出は「ニル・アドミラリの天秤」監督たかたまさひろ、三拍子揃った神回

ようこそ実力至上主義の教室へ 第5話「地獄、それは他人である」

抱かれたい男一位に脅されています。 第2話 「あいつ、もう俺に飽きやがったのか。」