アニメ

舟を編む 第7回 辞書作りと営業力

投稿日:2016年11月25日 更新日:

異動直前の西岡が執筆を依頼していた小田教授からようやく原稿が届く。しかし執筆要領を読まずに書いたものらしく、字数制限オーバーしたうえ主観丸出しの文章だった。馬締は思い切って余計な部分をばっさり削除する。小田教授は怒って西岡を呼び出し、土下座を求める。西岡は小田の食べている弁当が愛人のお手製であることを見抜き、窮地を脱する。

 

 

今回は西岡の有能ぶりがフィーチャーされた。たとえ辞書作りとはいえ対人スキルは必要だ。これからは西岡の穴を馬締が埋めていくのだが、心配される。
西岡も馬締の仕事ぶりに影響されて辞書編集部に溶け込んでいただけに異動は残念。
それにしても辞書に主観的文章を垂れ流す小田教授も酷い先生だ。高校生でもそれぐらいわかるだろう。新明解国語辞典は多少主観が入っているが、ユーモアがあるからいいのだ。

-アニメ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

あまんちゅ! 第11話「猫と子猫のコト」

3月のライオン 第2期 第5話 「想い/告白」

月がきれい 第10話「斜陽」ちょっと不穏な空気が

覆面系ノイズ 第9話 「そうして、ぼくらははしりだした、あの夏をめざして」

武装少女マキャベリズム 第1話(新) 新人声優育成アニメ