アニメ

マクロスΔ 最終回 盛り上がりに欠けたシリーズ構成

投稿日:2016年9月27日 更新日:

最終回としての評価:

マクロス30年の積み重ねがあると最終回ぐらいは盛り上がるものだ。

最後は「昨日の敵は今日の友」となってしまう歌の力を痛感させられた。

でもこの回のMVPはワルキューレの歌手ではなく、三角関係に敗れたミラージュだった。

それから美雲役のCV小清水亜美が泣くシーンに引き続いて美雲役の歌手JUNNAが歌うシーンで泣いていたのは、それまでクールな役柄だっただけに、胸が熱くなった。

 

シリーズとしても評価:

第一回と最終回を除いて中だるみしてしまった。

途中の盛り上がりが殆どなかった。

しかも最後の瞬間まで自分たちが悪者であり敵に追い詰められている感覚があった。

救いがなかったのだ。

ただし、CGは戦闘シーンも歌唱シーンも最高だった。

 

-アニメ
-,

執筆者:

関連記事

サクラクエスト 第2話 「集いし五人の勇者たち」 最初の試練

ソードオラトリア 第12話「神々と眷族」

Re:Creators 第16話 「サマー特番~被造女子と過ごすひと時~」

クジラの子らは砂上に歌う 第1話 「私たちの大事な世界の全てだった」

お酒は夫婦になってから 第9話 「ズーム」