2018年秋 人形劇

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 第7話 「妖姫の囁き」 衛兵輪切り回w

投稿日:

蠍瓔珞(カツエイラク)の手に渡った魔剣が喪月之夜の他にもあると踏んだ嘯狂狷(ショウキョウケン)が、今朝から西の街道に待ち伏せをしていることを凜雪鴉(リンセツア)から知らされた殤不患(ショウフカン)は事情を察し、急ぎ街道へ向かう。

一方、最後の魔剣だけは死守しようと、人気のない道から逃げる蠍瓔珞の前に、身を潜めていた西幽衛兵が現れ立ちはだかる。

前回諦空(テイクウ)が蠍瓔珞の相談に乗るという変な引きだったが、今回はぶっ飛ばされた。

諦空の教えにより東離からの脱出を図る蠍瓔珞は、嘯狂狷に国境近くで追い詰められ、魔剣妖姫七殺天凌をサヤから抜いてしまう。その途端に衛兵達は魅入られたように次々と七殺天凌に自ら斬られてしまう。まるで魔剣が吸血鬼になったようだ。そこへ殤不患浪巫謠(ロウフヨウ)が飛び入り、七殺天凌を持つ蠍瓔珞と対峙する。

七殺天凌を我が物にせんと気が狂った嘯狂狷を浪巫謠が抑える間に、殤不患は蠍瓔珞と斬り合うシーンで引きになった。前回の地味な終わり方と正反対w。
東離剣遊紀はこうでなくっちゃ。

衛兵共はみんな輪切りにされていた。地上波では出血シーンは白黒映像だったそうだ。流石、虚淵玄だ。前作より派手になっている。

 

 

 

 

-2018年秋, 人形劇
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

風が強く吹いている 第1話「10人目の男」 箱根駅伝ものは日本テレビに限る

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 第12話 『覚めない夢の続きを生きている』

うちのメイドがウザすぎる! 第8話「うちの元メイドはお嬢様」- 「さすらいの太陽」難民救済番組だった!

色づく世界の明日から 第7話「ヴィーナスの重荷」

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 第13話(終) 「鮮血の恋歌」 – やはり戦士Lv100+盗賊Lv100の凜雪鴉が最強 –