2018年秋 人形劇

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 第12話 「追命靈狐」 – 竜をあっさり倒す婁震戒、魔剣を簡単に使いこなす殤不患 –

投稿日:

凜雪鴉(リンセツア)の介入によって浪巫謠(ロウフヨウ)との対決に水を差された婁震戒(ロウシンカイ)。

だが戦いの場を離れたことで、ようやく七殺天凌(ナナサツテンリョウ)と将来の願望について語らう機会を得る。

一方、浪巫謠は傷も癒えぬままに嘯狂狷(ショウキョウケン)の追跡を断行。その行く手を阻むのは、魔剣・喪月之夜の力で傀儡化された衙門の衛兵たちだった。(番組サイト引用)

婁震戒七殺天凌の魔力で我を失っているのではなかった。あくまで自分の意志で行動していたのだ。魅翼に鬼没の地へ連れ去られるも現れた竜を倒してしまい、七殺天凌はこの地から逃れるために殤不患との決闘を提案する。

一方、浪巫謠嘯狂狷に襲われる。嘯は喪月之夜を使いこなし衛兵を思うままに動かすが、突然浪に喪月之夜を投げ与える。浪は衛兵を思う通りに動かすすべを知らず、かえって足手まといとなり、嘨にあわやという所まで追い詰められてしまう。そこへ殤不患が飛んできて窮地を救ってくれる。そこに凜雪鴉も加わり、三人で嘨の跡を追う。

 

怪獣(竜と呼んでいるがドラゴン)はこんな形で現れてあっさり倒されるとは思ってもみなかった。随分贅沢な使い方だ。

二カ所、笑いのポイントがあった。一つは婁震戒が真性キチガイだったこと。七殺天凌はこんな奴と鬼没で心中するより、殤不患に捕まる方がマシだと思ったようだ。

悪に染まった嘯狂狷は実力を発揮し、浪巫謠を負傷させるが、殤不患が登場すると、喪月之夜を使いこなして嘯狂狷をボコボコにしたこと。

次回は最終回だ。嘯狂狷は三人を相手にしては瞬殺される恐れがあるが、婁震戒が割って入る展開かな?

 

 

 

-2018年秋, 人形劇
-, , , ,

執筆者:

関連記事

アニマエール 第1話 「はじめてのチア」 えっ、チアダン?ハナヤマタ?

SSSS.GRIDMAN 第6話 「接・触」 怪獣が出てこない回も良いものだ

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 第9話 「シスターパニック」

SSSS.GRIDMAN 第1話 「覚・醒」Triggerアニメ制作 円谷プロ製作・提供

抱かれたい男一位に脅されています。 第1話 「芸能界は喰うか喰われるか。」