2018年秋 人形劇

Thunderbolt Fantasy 東離剣遊紀2 第8話 「弦歌斷邪」

投稿日:2018年11月21日 更新日:

魔剣の輝きに苦戦を強いられる殤不患(ショウフカン)。助勢に駆けつけようとする浪巫謠(ロウフヨウ)は、凶暴化した嘯狂狷(ショウキョウケン)に手を取られ身動きが取れないでいた。

七殺天凌(ナナサツテンリョウ)の気まぐれにより窮地を脱する殤不患だったが、嘯狂狷の救護に現れた凜雪鴉(リンセツア)を放任したために、その甘さに憤った浪巫謠は殤のもとを去ってしまう。(番組サイトから引用)

 

何と視覚に訴える魔剣七殺天凌よりも、聴覚だけで敵を倒す浪巫謠や五感を惑わせる凜雪鴉の方が上手だった。

最後は凜雪鴉は西幽の嘯狂狷の手に落ちたが、そう見せかけておいて蔑のときと同様に利用するだけ利用して犠牲にすると予想する。

前回同様に大虐殺シーンはあったが、モブが死ぬだけだから二回続くとさほど面白くない。

 

-2018年秋, 人形劇
-, , ,

執筆者:

関連記事

とある魔術の禁書目録Ⅲ 第6話「超能力者達」アクセラレーターは究極のロリコン

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 第12話 「追命靈狐」 – 竜をあっさり倒す婁震戒、魔剣を簡単に使いこなす殤不患 –

SSSS.GRIDMAN 第6話 「接・触」 怪獣が出てこない回も良いものだ

「プリンプリン物語」NHK-BSで再放送決定

とある魔術の禁書目録Ⅲ 第7話 「第三階層」 またまた五和回