2018年秋 人形劇

Thunderbolt Fantasy 東離剣遊紀2 第8話 「弦歌斷邪」

投稿日:2018年11月21日 更新日:

魔剣の輝きに苦戦を強いられる殤不患(ショウフカン)。助勢に駆けつけようとする浪巫謠(ロウフヨウ)は、凶暴化した嘯狂狷(ショウキョウケン)に手を取られ身動きが取れないでいた。

七殺天凌(ナナサツテンリョウ)の気まぐれにより窮地を脱する殤不患だったが、嘯狂狷の救護に現れた凜雪鴉(リンセツア)を放任したために、その甘さに憤った浪巫謠は殤のもとを去ってしまう。(番組サイトから引用)

 

何と視覚に訴える魔剣七殺天凌よりも、聴覚だけで敵を倒す浪巫謠や五感を惑わせる凜雪鴉の方が上手だった。

最後は凜雪鴉は西幽の嘯狂狷の手に落ちたが、そう見せかけておいて蔑のときと同様に利用するだけ利用して犠牲にすると予想する。

前回同様に大虐殺シーンはあったが、モブが死ぬだけだから二回続くとさほど面白くない。

 

-2018年秋, 人形劇
-, , ,

執筆者:

関連記事

色づく世界の明日から 第2話「魔法なんて大キライ」

SSSS.GRIDMAN 第10話 「崩・壊」出たア!平成円谷プロ得意のアンチヒーロー!闇落ちしたしたアカネは?

ソードアート・オンライン アリシゼーション 第1話 「アンダーワールド」

風が強く吹いている 第4話 「消えない影」

2018年秋季アニメ展望 覇権争いは「Thunderbolt Fantasy」「風は強く吹いている」「ツルネ」か?