アニメ

ようこそ実力至上主義の教室へ 第7話「無知な友人ほど危険なものはない。賢い敵のほうがよっぽどましだ。」

投稿日:

原作厨は非難轟々らしいが、原作を読む気のない者つまりアニメとして純粋に楽しむものにとって単なるテコ入れ回にしか思わなかった。


あらすじ:
夏休みも遊びに行かず勉強している堀北綾小路からプールに行こうとお誘いが掛かる。Dクラスの櫛田グループ男女で遊びに行こうと言うわけだ。実は悪ガキどもが女子生徒の着替えを盗撮しようとしていて、綾小路も仲間に引き入れられている。彼らはカメラのセッティングに手間取り、他のクラスや生徒会長まで巻き込んで騒動を起こす。

アニオリ感満載だったが、個人的には面白かった。アニメ全体の真ん中あたりでテコ入れ回を持ってくるのは、アニメの常套手段である。
中途半端に原作を改変したと言うが、アニメが12回と決まっているからこういう中途半端なアニメ化になるのだ。ノイタミナなら11回でも10回でも許されただろう。恨むならば制作会社ではなく、アニメ化したカドカワとプロデューサーを恨むべきだろう。「月がきれい」岸誠二が共同監督ということで読者は期待しすぎたのかもしれない。

-アニメ
-, , ,

執筆者:

関連記事

ヴァイオレット・エヴァーガーデン  第13話(終) 『自動手記人形と「愛してる」』 最後までマイペースだった

あまんちゅ! 第2話 『光といけないコト』

ガーリッシュナンバー 第10話 「マネージャー松岡修造」、 バーナード嬢曰く。他:木曜アニメ

くまみこ 第二回「険しき道」

SHIROBAKO コミケ用PV・SHIROBAKO音頭と月曜アニメ