J.C.STAFF アニメ

バチカン奇跡調査官 第4話「それでも尚、我は神を信ず」第1巻終了

投稿日:

夜、謎のマスクを被った男により、守衛ジェームズ・チェスターが殺された。ジェームズが平賀とロベルトを襲って来たのを助けてくれた形になった。
ロベルトはルーン文字暗号を解読した。暗号で書かれた日記の署名はハインリッヒ・ミュラーとあった。ハインリヒ・ミュラーといえば、ゲシュタポの高官であり、死が確認されていない。初代学園長ミハイル・ブラウンがミュラーだったのだ。そしてこの学園はナチスが新たなヒトラーユーゲントを育成する組織で、覚せい剤を販売した収益をバチカンでマネーロンダリングをしていたのだ。病院も組織に属しており、処女懐胎はヒトラーの精子による人工授精だった。そこで生まれたのがトマス神父であった。
そのときレオン・ラッセルが車に轢き殺され、神父たちが消えてしまう。ロベルトは聖槍のレプリカが怪しいと考えて触っているとスイッチが入って、地下への下降口が見つかる。降りていくと神父たちの声が聞こえて来る。覗き見ると、トマス神父がヨハネス司教を裁いているところだった。日頃は優しいトマスはどうやら二重人格のようだ。それを頼りなく感じた司教は第二のトマスを作り出そうと、アンナに人工授精をしたのだ。ところがそれ以来トマスの凶悪性が表に出て来て、次々と反トマス派を粛清していたのだ。狂ったトマスはバチカンの使者を殺せとゲキを飛ばす。すると学生たちも洗脳されていてロベルトらに迫る。そこで平賀はトマスに対してバチカンから預かっていた聖水を使いエクソシストの儀式を行うと・・・

これで第1巻「黒い学院」は終了だ。本格ミステリを書き慣れていない人間がいっぱい盛り込んで書いた感丸出しだった。だからお世辞にも変格ミステリとも呼べない代物だ。さらに無駄な情報量が絡み合って、整理するにもできない状況だった。だから第4話を使っても尚、尺が足りない。

 

でもバチカンの腐敗は映画「ゴッドファーザーPart3 」を見ていれば、よく知っている内容だし、事件自体も映画「ブラジルから来た少年」のパクリだ。要するにこのアニメをWowow で放送する理由は映画との親和性にあったというわけだ。昔の映画を見ない人には分からんだろうw。

次回以降はどのエピソードか知らないから、映画マニアに有利かどうか分からない。またBL嗜好の方も置いて行かれたかも知れない。

 

-J.C.STAFF, アニメ
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

スクールガールストライカーズ 第13話(終) ゆいかおりは別れるんだってよ

蒼穹のファフナーEXODUS(19)生者の誓い

planetarian~ちいさなほしのゆめ~ 第4話「酒に酔う」

シュタインズ・ゲート ゼロ 第18話 「並進対称のアルタイル」 まゆしいは二度死ぬ

ケムリクサ 第12話(終) わかばは二度死ぬ?そのとき・・・