特撮

ウルトラマンジード 第2話 「怪獣を斬る少女」

投稿日:2017年7月22日 更新日:

ダダ星人登場、スカルゴモラ再登場。

ライハリトルスターの持ち主と推理している店長の姪エリちゃんは、パイロキネッシス能力を使ってしまい、放火犯扱いされて避難所を追い出される。ライハはその後を追い倉庫にやって来ると、ダダ星人がエリちゃんを攫うところだった。ライハが得意の剣でダダを足止めするうちに、リクも加勢して無事エリちゃんは解放される。ダダは他の倉庫に逃げ込むが、ベリアルに見つかりあっさり殺される。そしてベリアルは、エリからリトルスターを奪うため再びスカルゴモラを送り出す。リクはジードに変身するが、そこをライハに見られてしまう。ジードはレッキングバーストでスカルゴモラを倒し、エリからウルトラマンレオのカプセルを回収する。
しかしリクの体に戻ると、ライハはペガを人質にして「私、見てたわよ」と言い出す。それでもリクは情報交換したいとライハを地下基地に誘い込んで、二人の同棲生活が始まるw。

今回の盛り上がりポイントは、リクがベリアルの子ジートに変身したくないが、自分しか戦える者がいないと自覚して敢えて戦いに出るところ。
近年は合体ウルトラマンが全盛だが、ジートもそうである。しかもベリアルが父ということで、目が尖っている。初代マンの前期の顔つきにも似ている。
初代ウルトラマンの頃(1966年)はウルトラQの後を引き継いで、ややSF怪談じみたお話だったから、ウルトラマンもいかつい顔をしていたのだ。それが子供達に絶大な人気を誇ってしまったため、途中からデザインを柔らかくした。そういう意味では、ジートのようなヒーローは円谷英二の作り上げたオリジナル像に近い。

 

ライハ役の山本千尋は元太極拳ジュニアチャンピオン。背は低いが、少女ではない。中国輸出向けの人選か。
次回は話題の「サラリーマンゼロ」。ウルトラマンゼロが登場だ。

-特撮
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

ウルトラマンジード 第1話「秘密基地へようこそ」

ウルトラマンジード 第10話「ココロヨメマス」

『ウルトラマンジード』次回予告 第20話 「午前10時の怪鳥」

ウルトラマンジード 第6話「僕が僕であること」

ウルトラマンジード第7話「サクリファイス」