J.C.STAFF アニメ

ソードオラトリア 第10話 「少年と英雄」/ひなこのーと 第11話「ゆくとしくるとし」

投稿日:

「ベルくんミノタウロスを倒す」の巻。

 

ベルくんとの訓練を終えたアイズは何者かに襲われるが、敵は警告して立ち去る。フレイヤ・ファミリアの連中が見張っているらしい。
ロキ・ファミリアダンジョン59階層への遠征を開始すると、途中でリリルカが助けを求めて来る。どうやらベルくんが一人でミノタウロスと戦っているらしい。アイズが助けに行こうとすると、レベル7のオッタルがアイズの行く手を阻む。

 

この話の欠陥がわかった。この話は外伝なのだが、本編と関係ない第三者(レフィーヤ)が紛れ込み、なおかつレフィーヤ自身の成長譚を盛り込むからだ。
あくまでアイズの視点からの話に集中すべきだ。レフィーヤを語るにしろ、アイズ視点でなければならない。
レフィーヤからの視点を混ぜると、話の速度が遅くなる。テンポが悪いのだ。
ガールズ・サイドストーリーが成功することは稀である。「冴えカノ」が異例なのだ。

 

 

前半 劇団ひととせのクリスマス公演
後半 お正月の巫女さんバイト
後半はどうでも良いとして、前半は演劇回のはずだから、きちんとお芝居を見たかった。いつものように大家さんのセクシー衣装で青少年の股間をぐっと掴むのは良いが、お芝居を全く見せないのは非常に物足りない。黒柳ルリ子顧問もアドリブを封印されたのだろうか。存在感が全く無い。悪い流れのまま、最終回に入っていく。

 

-J.C.STAFF, アニメ
-, , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

天使の3P! 第8話「壁画の美少女」

僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件 第1話(新) 「やっ、そんなに広げないでください・・・」

昭和元禄落語心中 第一期最終回

クロムクロ 第18話「湯煙に消える」

3月のライオン 第2期第12話(通算34話) 「黒い霧/光」