アニメ

幼女戦記 第10話 メシヌ作戦

投稿日:

前半は先週の続きで敵司令部と思われる場所を直接第203魔導大が叩く空挺作戦はものの見事に成功し、帝国内の政治家たちの反戦論を抑えることができた。
後半は西部戦線で共和国軍右翼が帝国軍による地下壕の爆弾により吹き飛ばされた。その後、機械化部隊が共和国軍左翼の背後に回り挟み撃ちにするつもりだ。潜水艦で移動していた第203魔導部隊も再び参戦する。しかし謎の魔導士部隊が襲来して、グランツが突然撃たれる。

途中は第一次世界大戦のメシヌ作戦でのドイツとイギリスの立場を入れ替えたような展開になったが、最後に英国軍ノルウェー外人魔導士部隊が参戦して、さすがの第203大隊も混乱をきたしたようだ。グランツは死んだのかな。
Cパートでは、グランツが寝不足になった理由が開示される。

帝国軍と政府の会議を見ていると、官僚も言いたいことを言っている。第二次世界大戦中のドイツや日本とは、まるっきり様子が違う。まるで連合国側の会議を見ているようだ。

-アニメ
-, , ,

執筆者:

関連記事

宝石の国 第9話 「春」

ガブリールドロップアウト 第2話 悪い三者三葉、鬼平 第2話 本所・桜屋敷

Re:Creators 第15話「さまよいの果て波は寄せる」

有頂天家族2 第5話 「続・大文字納涼船合戦」

魔法使いの嫁 第20話 「You can’t make an omelets without breaking a few eggs.」