アニメ 昭和元禄落語心中

昭和元禄落語心中-助六再び編-第9話 たちぎれ線香

投稿日:2017年3月4日 更新日:

今回は八雲役・石田彰の独演会だった。とくに刑務所の慰問で掛けた人情噺「たちぎれには感動させられた。

その後、助六居残りの会を見ての帰りに寄席に立ち寄り、萬月と前座を返してろうそくの明かりを灯し一人で夜の高座に座り「死神」を語る。語り終わると、先代助六の幽霊がそこにはいたが、今夜はいつもと様子が違っていた。

今回も濃厚なタッチで、名人と言われた落語家の死と向かう姿を描いていて、心を打たれた。果たして自殺未遂だったのか事故なのか。事故として現役復帰は出来るのか?最期の時は近い。

-アニメ, 昭和元禄落語心中
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

クズの本懐 第6回 麦くんはクズマニア ; セイレン 第7回 時代が求めた16bit メガドライブ ; 政宗くんのリベンジ 第7回 エロ秘書と夏休み回

天使の3P! 第3話 「停滞する少年の下降と逃走、そして教会から来た少女達」

バチカン奇跡調査官 第6話「主はあらゆる啓示を垂れ給う」

ネト充のススメ 第9回 「その気持ちマーブル」

ネト充のすすめ 第2話 「私たちは何も知らない」