アニメ

幼女戦記 第8話 市街戦

投稿日:

後方のアレーヌ市がレジスタンスによって奪回され帝国軍の補給路が断たれた。そこで帝国軍上層部は一般市民を巻き込む市街戦を実行する。これには味方からも批判はあったが、命令には従うしかなかった。

 

 

 

帝国軍は巧みに戦争法の抜け穴を利用して市民の虐殺を正当化する。そしてこの作戦の元になった論文の執筆者がターニャだったいうオチ。今後、ターニャは終戦に向けての他役に任ぜられる。
一方、アンソンはフィヨルドに落ちたあと、味方に拾われて生きていた。どうやら彼がターニャの前に立ちはだかりそう。

 
今回は日本にしろドイツにしろ侵略した側が市民を虐殺したのか、された側が民間人を盾にしたのかで言い分が変わる難しい問題だ。深入りしたらやばそうだ。

-アニメ
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

フレームアームズ・ガール 第8話 国営昭和記念公園の恐怖

終末のイゼッタ 第10話 ゲルマニア調子に乗る

クロムクロ第5話「学び舎に来た男」 ソフィーのツンデレに期待

喧嘩番長 乙女 第1話 「一撃一会」

ロクでなし魔術講師の禁忌教典 第9話 リィエル・シスターズ登場