アニメ

Classroom☆Crisis (7) 服部花子のいちばん長い日 +SG + GATE(金曜アニメ)

投稿日:2015年8月15日 更新日:

戦国時代に突入している金曜アニメだが、今週は注目しているアニメがどれも夏枯れ気味だったので、初めて「Classroom☆Crisis」を採り上げる。

巨大産業「霧科グループ」の宇宙開発部門A-TEC、これを支える開発技術者は天才高校生たち。彼らが通う学校が「霧科グループ」に属する霧科科学技術学園だ。担任教師は開発室長を兼ねる瀬良カイト。そこへ転入生がやってくるという。ハイジャック事件に巻き込まれた転入生を最新技術を駆使して何とか助けるが、何と彼は社長の一族の一員でこのA-TECをリストラするためにやって来た出世野心に燃える新開発部長霧羽ナギサだった。

あらすじはこんなもの。番組が始まって一ヶ月半はナギサのおかげでA-TECの予算が絞るだけ絞られて何もできず大して面白くなかった。しかし折り返し地点を過ぎてスパートが掛かったようだ。今回の主役服部花子はどうやら服部半蔵の末裔らしい。出張からの帰途、シャトルがハイジャックされたがスパイ顔負けのアクションで犯人を倒す。一方ナギサは部下花子とクラスメートのイリスを守るため、形振り構わず予算をつぎ込むが、ハイジャック犯の影に役員である兄ユウジがいることに気付く。

こうして今まで会社の犬的存在だったナギサは、真のライバル腹違いの兄ユウジと対決するためにA-TECの技術力をフルに借りて、のし上がっていくのだろう。

こういう企業ものアニメってあまりないが、技術者を全員現役高校生にすることによって、話を一般の視聴者層にまで下ろしている。これから「半沢直樹」的結末に向けてどういうプロセスを通るか楽しみだ。

金曜アニメの王者「シンデレラガールズ」18話だが、ここ三回が神回続きだったので、ちょっと夏バテで一休みかな。

土曜ゴールデンの新番組「とときら学園」で、杏キラコンビが好評だったのでランキングコーナーを担当して、「キャンディ・アイランド」の残り二人、三村かな子と緒方智恵里はレポーター役でロケに出ることになった。ところが三村はダイエットに失敗してしまい、緒方は相変わらず人見知りのため相手の目を見てしゃべれない。そこへ通りがかったユニット「可愛い僕と野球どすえ」の三人輿水幸子、小早川紗枝、姫川友紀に心配される。とくに輿水幸子は「アイドルとは前を向いているもの」と二人を叱咤激励する。そのおかげで覚醒した二人は江戸切り子のレポーターを無事終えると、杏キラの二人組が合流する。杏は何もアドバイスしなかったが、それは二人に杏離れをして欲しかったからだった。

 

盛り上がりに欠けた回だった。杏がシンデレラガールズ全体のボトルネックである二人を突き放して成長を促さなければ「シンデレラの舞踏会」も成功しないことは十分わかっている。でもその過程をどう描くかで物足りなさを感じた。三村かな子役の大坪由佳は芸達者だし、輿水幸子の中の人は竹達彩奈なんだから、もう少し彼女らをフィーチャーした方が良かった。

なお、今回速水奏、塩見周子、立花フレデリカの新ユニットが雑誌に掲載されているシーンが映っていた。これは常務陣営のユニットなのだろうが、来週登場はあるかな。でも中の人が地味だから敵に回っても全然怖くないのだ。

こちらにはまだラブライカ回、蘭子回がある。とくにアーニャ(上坂すみれ)は個人として第一期にも採り上げられていない。リーダーである新田美波(洲崎綾)と分けてフィーチャーしても良いぐらいだ。さらに準レギュラー格のベテラン川島瑞樹(東山奈央)が全く採り上げられていない。これこそリストラ対象として真っ先にやらねばならないのではないか。

 

さらに金曜日のダークホースとなった「GATE」だ。

今回はイタリカを協力して防衛した帝国軍と自衛隊に協定が結ばれたが、それを知らぬ騎士団が伊丹に暴行を働いた。栗林は死んでいるかもと心配するが、富田に伊丹がレンジャーだと知らされ、ヲタクとは似ても似つかない資格を持っていることに愕然とする。

伊丹はイタリカに連行されるが、イタリカの人々は伊丹を歓迎して四人のメイド(猫耳、うさ耳、メドゥーサ、ヒト)に看護をさせる。自衛隊を恐れるピニャ姫は事態の沈静化を図ろうと侯爵家の娘で金髪縦ロールのボーゼスの体を差し出すが、伊丹ら自衛隊員はメイド喫茶ばりの歓待に酔いしれているから、相手にされなかったボーゼスは切れてしまい伊丹にまた暴行を働いてしまう。

いよいよ明日は国会招致の日だが、顔中傷だらけのまま伊丹は国会へ行くという。ピニャ姫は日本の元老院に悪い印象を与えたくないから、伊丹の上司狭間陸将に正式に謝罪し、自分たちも日本へ行きたいと言う。

今週Aパートはお楽しみの「ケモ耳回」だった。Bパートではレレイ(東山奈央)が柳田の通訳となり、暴行を働いたボーゼスを糾弾するあたりが面白かった。特地娘三人の中では今回レレイがもっとも良い味を出していた。きんモザのカレンの明るさも良いけれど、頭の良いキャラは東山にピタリだと思う。前回はロウリー(種田梨沙)の見せ場があったから、次回はテュカ(金元寿子)の出番か。要するに伊丹を中心に三人がハーレム化するんだろう。そこに前妻が割り込んできて、ぐちゃぐちゃになりそうだな。ちなみに縦ロール娘ボーゼスはホモ疑惑のあった富田と将来、結婚するそうだ。

次回はいよいよ特地で自衛隊に合流したメンバーと帝国軍のピニャ姫、ボーゼスがGATEをくぐり初めて日本へ入国する。

あとは「プリズマイリヤ」は遊園地回、「シンフォギアGX」は水着回。夏コミを意識した番組作りかな。

「監獄学園」は花とキヨシの異常な関係wが一歩近づく。「食檄のソーマ」はカレー対決の予感。

 

-アニメ
-, ,

執筆者:

関連記事

夏目友人帳 伍 第10話 「塔子と滋」 今期の神回

アトム・ザ・ビギニング 第5話「激走マルヒゲ運送」

鬼平 第9話 わかれ道

Just Because! 第2話 「Question」

ウマ娘プリティーダービー  第10話 「何度負けても」 スペシャルウィークの天皇賞・秋