アニメ

あまんちゅ 第7話「雨のおわりのコト/夏のはじまりのコト」

投稿日:2016年8月20日 更新日:

今回は真斗先生視点のポエム二作品。

学生は梅雨で何かといらいらしてる。さて、てこは市民プールで水泳の特訓だが、何故かぴかりは別行動だ。ふと、ぴかりの後を付けてしまう真斗先生。ぴかりは伊豆高原駅から伊豆急に乗り込み、真斗先生も乗ってしまう。隠れていた真斗はぴかりに発見されるが、ぴかりは車窓から見事な紫陽花を見せてくれる。彼女は何往復もして紫陽花を楽しむためだけに伊豆急に乗っていた。そして「幸せになることにしか使えませんし、そのためだったらどんな労力も惜しみません」と言う。

 

試験中だが梅雨の合間にダイビング部は無視して練習している。そこで真斗先生は「だるまさんが転んだ」をしようと提案。意外にてこだけが上手で捕まらない。それを眺めていたある先生に真斗先生は「問題は誰かに用意されるものではなく…自分で探し出したり、気付くもの。私、密かに思ってることがあるんです。遊びこそ、最良の勉強だって」と語る。そして最後は自分が鬼になると言い出し、ローカルルール「身の回りのものを投げて当たればアウト」を発動して全員を捕まえる。

 

真斗先生回だったが、結局、今週も潜らなかったw。

-アニメ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018年秋季アニメ展望 覇権争いは「Thunderbolt Fantasy」「風は強く吹いている」「ツルネ」か?

Thunderbolt Fantasy 東離剣遊紀 第7話「魔脊山」

シュタインズ・ゲート ゼロ 第14話 「弾性限界のリコグナイズ」 番組再開でアニオリ

セイレン 第11回 「傷のない男って全てから逃げてきた証よ」 ; クズの本懐 第10回 茜を巡る二人の男

2017年夏アニメを予習しよう!(2)日曜日編