アニメ

タイムトラベル少女~マリ・ワカと8人の科学者たち 第3話「反骨のフランクリン」

投稿日:2016年7月24日 更新日:

マリは英語の時間にベンジャミン・フランクリンの言葉を勉強した。
その後、マリは再び例の本を見ていてブローチが光り出し、アメリカが独立する前の1752年にタイムスリップした。
そこではベンジャミン・フランクリン(CV三木眞一郎)が教会を説得するため、雷の中で凧をあげ、凧糸の末端にワイヤーで接続したライデン瓶により雷雲の帯電を証明するという実験を行っていたが、マリは日本風の凧を作った。
しかし実験結果を見ることなくマリは現代日本へ戻ってしまう。

今回ベンジャミン・フランクリンは一回だけの登場なのかな。
フランクリンというと物理学者と言うより独立運動の父として有名だが
彼の独立運動での活躍については言及されていない。
もしかしたら再登場もあるかも知れない。

 

 

-アニメ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ラッキービースト(ボス)とR2D2

ヴァイオレット・エヴァーガーデン  第13話(終) 『自動手記人形と「愛してる」』 最後までマイペースだった

潔癖男子!青山くん 第1話「青山くんはキレイ好き」

南鎌倉高校女子自転車部 第5話 自転車選び

ひそねとまそたん 第10話 「好きになったらトロけちゃう」 これからは名緒の時代?