2017年秋 3月のライオン2前期 アニメ

3月のライオン(2期) 第9話 (通算第30話) 「王国(1)/王国(2)」

投稿日:2017年12月12日 更新日:

桐山はまた川本家にお呼ばれしている。新人王戦決勝戦の壮行会だ。

ところが明日から京都へ修学旅行というこの日にひなは激しい胃痛に襲われる。適切な処置を教えてやったが、虐められている中学生にこの時期の修学旅行は如何にも厳しい。

桐山はひなに新人王戦を絶対に勝つと誓う。

先乗りで大阪へ向かい、関西将棋会館に一泊して目覚めた。コンビニへ行くと、山崎順慶を応援する関西の棋士が準決勝の戦い方について一言言っている、「二海堂は体調管理を怠った」と。桐山もそれには思わず怒りがこみ上げてくる。
意外にも山崎五段は26歳制限の棋戦なのに、はげ上がっていた。勝負が始まり攻めに転じようかと思ったそのとき、二海堂の勝ちたいのならちゃんと守れという言葉が聞こえてくる。そしてじっくり守って勝機を待つ。

その瞬間は意外に早くやって来た。山崎を突き放した桐山の圧勝だった。記者会見も適当に済ませて、控室によると横溝七段が来ていて島田八段推薦の胃薬を紹介しているところだった。それをいくつか貰って、京都の新京極に急ぐ。ひなが修学旅行で来ているはずだ。

新京極は人で賑わっていて、ひなの制服の子も何人かいる。しかし虐められている子がそんな人通りの多い場所にいるはずがない。ひなは辛い時は、川べりで佇む癖を思い出した。案の定、鴨川に架かる四条大橋にきてみると、ひなが佇んでいる。桐山がそばに駆け寄ると、ひなは彼に飛びついて泣き出した。

 

今回は今までの鬱憤がはらされる回だ。

二海堂の言葉を思い出して、一段と強くなる桐山零に胸熱だった。

最後のひなの瞳孔が開くシーンも感動した。

-2017年秋, 3月のライオン2前期, アニメ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

蒼穹のファフナー(21)目覚めの時

クズの本懐 第9話 だから仕方ないよね; 政宗くんのリベンジ 第10話

僧侶と交わる色欲の夜に 第4話 俺に触られるのは嫌?

この素晴らしい世界に祝福を!2 第6話 死んでエリスから癒しを得る

Beatless 第1話 「Contract 」