2017年秋 3月のライオン2前期 アニメ

3月のライオン  第2期第11話(33話) 「陽のあたる場所/小さな場所」

投稿日:2017年12月25日 更新日:

連盟会長は期待の新人桐山零新人王を取ったことで宗谷名人との記念対局を開くことを提案、しかもいつもは将棋会館で地味に開くが今回は会場を借りてマスコミを入れて派手な演出で行うと言う。

 

話題は宗谷名人の年齢から同じ年の島田八段に移り、島田が戦っている棋匠戦挑戦者争いで若くてイケメンの櫻井七段負けてほしい、その方が棋匠戦のタイトル争いに華があると言い出す。そして桐山は若くて華のある記念対局を受けて欲しいと言う。結局桐山は大人たちに押し切られてしまう。

久しぶりに将棋科学部に出向くと、全員が新人王記念パーティーを開いてくれる。桐山は嬉しくて中座してトイレで泣いてしまう。帰途、記憶を何かに残したいと思い、桐山は書店の日記コーナーに立ち寄るが、そんな恥ずかしいところを元担任と野口部長に見られてしまう。野口は堂々と書店に入っていき、10年日記を選んで桐山に手渡す。

島田八段と挑戦者決定戦を戦う櫻井七段は何故か着々と将棋のプロを登山に連れて行き、シンパを増やしていく。そんな盤外戦も島田には全く効果がなく、結局島田が連勝して挑戦者を勝ち取る。

一方、将棋科学部では大事件が起きていた。他の部員四人は三年生なので夏休みが終わると引退なのだ。部活動が残るためには後4人部員をふやさなければならない。
しかし野口が部員を見つけてくれた。校長、教頭、主任、それに林田先生を加えて四人補充したのだ。生徒五人が条件でないのかと桐山は尋ねるが、そんな校則は校長に頼めばコロリと変わりますと答える。

今回は前半最後ということでコメディリリーフとなっている将棋科学部が登場する。ただし今回で先輩は引退したので、もうこれからは頼りにできない。さあどうする?桐山零。

-2017年秋, 3月のライオン2前期, アニメ
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

亜人ちゃんも語りたい 第4話 雪女もいいけどやはりサキュバス

この美術部には問題がある 第2話「迷子のラブレター事件」 凸守でなくコレットさん登場!

Just Because! 第9話 「Answer」

クロムクロ 第20話「飛んで火に入る虎の口」

はねバド! 第6話 「最後の夏なんだもん!」2018年夏ベストアニメ中間予想!