アニメ

魔法使いの嫁 第4話 「Everything must have a beginning」

投稿日:2017年11月3日 更新日:

チセエリアスに起こされる。そこは人間には見えない列車のコンパートメントだった。

駅を降りると、猫の国ウルタールだった。人間もいるが、彼らは猫が喋ることを知らない。その町でかつて猫と人間の間で悲しい事件が起きていたことをチセもまだ知らなかった。

二人は猫の王様モリイと面会する。聞くと何やら問題があるらしい。幼女が現れたので警戒するエリアスはいつものように調べに行ったまま消えてしまい、チセを一人にしてしまう。

モリイの話だと大昔、この町には猫殺しの男がいたが、初代猫の王が仲間とともに暗殺したそうだ。しかし湖には穢れが住みつき、猫も人間も関係なく殺そうとしている。そのとき、金髪の人物に湖の真ん中にチセは落とされる。

チセは底に沈みながら、夢を見る。大昔のマシューと妻ミナの物語だ。ミナは病気で寝込んでいて、町に流しの魔術師が来ていたのでマシューは薬を処方してもらっている。現代の湖にはこのミナの亡霊とマシューの穢れが潜んでいたのだ。一体その後何があったのか?

エリアスに助け出されたチセは浄化を依頼される。そして浄化の儀式の最中に謎の金髪と別の男が現れる。彼らはチセが遠からず死ぬことを予言する。

 

今回は猫の国前後編の前編。大体、筋は読めた。最後は成仏エンドだろう。

しかし穢れとか日本風の宗教や怪談の概念をイギリスにうまく持ち込んだな。

-アニメ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

響け!ユーフォニアム2 第10回 黒沢ともよ渾身の演技



「六花の勇者」第二回(土曜アニメ)

恋愛暴君 第3話 ブラコンあくあ様

はねバド! 第8話 「私のやりたいバドミントン」 スポ根回

つぐもも 第1話 15年前のアニメ万歳