2019 競馬

若駒ステークス(L) 2019 ヴェロックス – サトノに乗り替えたルメールを返り討ち

投稿日:

京都競馬場、晴れ良馬場。

若駒Sは、今年になって二つ目の三歳限定リスティド・レースだ。トーカイテイオー、ディープインパクト、マカヒキも勝った伝統あるオープン戦である。

3番人気キングリスティアが逃げて4番人気ブラヴァスが先行するスローな展開。早めに仕掛けたヴェロックスがブラヴァスを相手にせず外から先頭のキングリスティアに並び掛ける。直線では早め先頭に立ち、最後方待機していたルメール騎乗のサトノウィザードが追い込み並び掛けると、ヴェロックスはもう一伸びした。

 

 

 

1着 ヴェロックス 勝ち時計2分0秒7(上がり34秒2)。今日はまだ時計がやや掛かると思ったが、スローペースで自分から仕掛けてこの時計で勝てれば優秀である。父がジャスタウェイだから、2400mはギリギリだと思うが、今日の勝ちっぷりを見ると、本格化し始めたようだ。
しかし自分で動いたと言うことは、貯めても伸びないという事だ。トレーニングを積んで、弥生賞で勝てなくても差す競馬が出来るようになれば、皐月賞、ダービーは面白い。ただし、その時点で使いすぎになるから、秋からの上積みはどうかな。

キングウィザードは2戦目だからまだ上積みはあると思うが、勝ち馬との差を詰めるのは難しい。

 

 

-2019, 競馬
-, , ,

執筆者:

関連記事

スプリングS  ステルヴィオ 2018 スローの上がりの競馬でエポカドーロを差す

香港国際競走 2016 サトノクラウン、モーリス、阪神JF ソウルスターリング

京成杯(GIII, 芝2000m)2019 ラストドラフト 2戦目で重賞制覇、今年も先行したらルメール

プリンシパルS ダイワキャグニー; 京都新聞杯 プラチナムバレット 2017

青葉賞 2017 アドミラブル