2018年秋 P.A.Works アニメ

色づく世界の明日から 第7話「ヴィーナスの重荷」

投稿日:

唯翔とぎくしゃくしてしまい気分が晴れない瞳美だが、学校は夏休みに突入。魔法写真美術部一同は、毎年恒例のキャンプ合宿に向け準備が始まる。
一方、来年に受験を控える胡桃は、模試で思ったような結果が出せず、悶々とした日々。パティシエとして働く姉・苺花から「好きなことをやりなよ」とアドバイスを受けるが、かえって悩んでしまい……。

また瞳美は色覚を失った。

夏休みに入って魔法写真美術部の面々はキャンプに行く。

胡桃は3年で進学に不安がある。

キャンプでも浮かない顔だ。

そんな胡桃を1年生男子の千草は、からかいながらアドバイスを送っている。

 

相変わらず地味だなあ。

面白くなるのは、一体いつのことなのか。それとも「ウマ娘プリティダービー」で稼いだので、好きに作らせろと言うことか

-2018年秋, P.A.Works, アニメ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

スカートの中はケダモノでした。 第12話(終)「…好きだ…本当に好きだ」

僧侶と交わる色欲の夜に 第2話 テラへ・・・(竹宮惠子と無関係)

ようこそ実力主義の教室へ 第4話 「他人が真実を隠蔽することに対して、我々は怒るべきでない。なぜなら、我々も・・・」

アホガール 第4話 「突入!アホガール」

ひそねとまそたん 第6話 『君の名前を叫ぶから』 尻上がりに面白くなる!