アニメ

戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第13話(終) 「涙を重ねる度、証明される現実は」響の奇妙な冒険w

投稿日:

第4期最終回だったのだが、どうも第5期放送決定らしい。というよりまだ続くのかよw。

サンジェルマン、カリオストロ、プレラーティの消滅からアダムの再登場、響の攻撃まで前回の再放送から始まった。シンフォギア6人の攻撃に対してアダム=アヌンナキはラスボス形態へ移行した。しかし響がスタープラチナ攻撃からテスタメントを叩き込んでアヌンナキを消し去った。

ここまでAパート。そしてBパートで楽しい調の誕生日会から未来と響のイチャイチャ・タイム。そしてEDになって、ああ良かった良かったと思ったらCパートがあり、響のルームメイト未来がどうもほんとうのラスボスくさい。そして画面に「つづく」の文字。

第2期に伏線が引いてあったようで、(すっかり忘れていたよ) 第5期で回収するようだ。
「戦姫絶唱シンフォギア」の企画は上松範康によるもので原作は金子彰史によるものだが、著作権は上松に属しているようだ。音楽プロデューサーということでキングレコードががっぽり儲けていそうだ。よほど美味しいのだろう。

第5期の話は唐突に来た感じ。第3期でやるだけやったし、何故第4期と思っていたところに全12話で簡単に終わる筋書きを第13話まで作ったのは、Bパートだけで第5期への繋ぎにするためだったのか。
あのカドカワもこのアニメに噛んでいるが、漫画はもう終わってしまったみたい。だからあまり美味しくない。カドカワの苦手なタイプのアニメだったんだろう。
「けものフレンズ」も全話ミュージカル構成にしておけば、カドカワに横槍を入れさせることもなかったのに。

-アニメ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

サクラダリセット 第6話 「WITCH, PICTURE and RED EYE GIRL 1/3」

それが声優!(終)査定、実は圧迫面接編、ゲストは原作者浅野真澄

サクラクエスト 第7話 「煉獄の館」

シンデレラガールズ劇場 第4話 神崎蘭子登場

色づく世界の明日から 第7話「ヴィーナスの重荷」