アニメ

宝石の国 第1話 「フォスフォフィライト」

投稿日:2017年10月13日 更新日:

市川春子原作漫画をフルCGアニメにするというなかなか冒険的な作品。監督は京極尚彦、制作はオレンジ

これは大人向けである。子供には無理だ。
さらに宝石を擬人化するというなかなか男性にはわからない世界。なのに月刊アフタヌーンで連載している。フェストウム同士の「蒼穹のファフナー」を見ているようだ。
人気女性声優が大勢出てくる。人件費はかかっているだろう。しかしかつて提唱した「アルペジオ」の原則から言うと、ヒットするには萌え要素が足りない。
講談社は、何はともあれ若手のエース的存在、市川春子の世界観をアニメ化して一般に認知させたいのだろう。

主人公フォスフォフィライト(燐葉石)は亜鉛と鉄と燐の酸化物。美しい緑色をしている。ただし硬度が低く壊れやすい。
そんなフォスは先生から、博物誌を書くように命じられる。フォスは仲間からシンシャ(硫化水銀)に聞けば良いと教えられ、外へ探しに行く・・・

-アニメ
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

ヒナまつり 第9話 「人生はサバイバル」マオたん再登場

笑ゥせぇるすまんNEW 第3話 「弁当戦争」「ああ、愛しの583系」

宝石の国 第9話 「春」

終物語(6)そだちロスト其の参、うたわれるもの偽りの仮面(6)カルラ、トゥカ登場

バチカン奇跡調査官 第6話「主はあらゆる啓示を垂れ給う」