2018 競馬

京都大賞典 2018 サトノダイヤモンド復活!

投稿日:2018年10月8日 更新日:

京都競馬場、好天の芝良馬場で行われた京都大賞典は、サトノダイヤモンドが差し切り優勝した。

逃げ馬が飛ばしてくれたので、追い込みやすかった。

シュヴァルグランが好位に付けていたが、並ぶ間もなく突き放され、4着に敗れ去った。調子がまだ上がってなかった。

 

勝ち時計は2分25秒4、上がり34秒1でメンバー1だ。

第一週の割に時計は出なかったが、仕上がっていたと思う。

2000mの天皇賞秋はさらに仕上げないと無理だろうが、JC直行なら距離も合うだろう。

 

-2018, 競馬
-, ,

執筆者:

関連記事

フラワーカップ 2017 ファンディーナ

チャンピオンズカップ 2016 サウンドトゥルー

大阪杯(G1) 2017 キタサンブラック

きさらぎ賞 サトノフェイバー 2018 東京新聞杯 リスグラシュー

フローラS(東京) 2018 サトノワルキューレ いつものデムーロだった、 マイラーズC(京都) サングレーザー レコードで決着