2018年冬 アニメ 三ツ星カラーズ

三ッ星カラーズ 第12話(終) 「カラーズと街とひとびと」 最後はほんわか公務執行妨害

投稿日:

カラーズがアメ横など上野商店街のために自らYoutubeで動画配信を行うことになった。
 
まずは雑貨店の親父からだ。しかしオヤジが大きすぎて顔が画面に入らない。そしてついにオヤジの本名が明かされる。
次は黄瀬フルーツ、さっちゃんのママがやっているお店だ。レポーターのさっちゃんとママの自画自賛ぶりに「引くわー」と結衣は思ってしまう。
 
それからののちゃんがレポートする佐々木のパン屋だ。モカ姉が店員のふりをして、お客さん代表として買収された結衣と琴葉が実食した感想を述べると言うヤラセ広告だったw。
最後は斉藤巡査で、琴葉が交番の自転車をパクって斉藤が追いかけている間に、さっちゃんが交番に掛かってきた落し物探しの電話を諦めろの一言でガチャリ。窃盗と公務執行妨害だw。
そしてチャンネル登録よろしくねで終わる。最近の子どもはユーチューバーに憧れているから、一儲け企んでいるな。
実はここまでアバンでこれからが本編。
琴葉が大事件の依頼を受けてきた。カラーズは全員出動だ。
とはいえ途中で出会った遊具で遊んでしまってすっかり事件を忘れてしまう。
上野の街は花見で人が出ている。カラーズはベビーカステラが食べたくなり、酔っ払いの花見客にイチゴを売り歩くことになる。
そして今まで「三ッ星カラーズ」に出演したたくさんの人々の元を回ってイチゴを売り歩く。
最後は就活が上手くいかない学生を捕まえ、慰めて残り物を売りつける。
全てイチゴを売りつくしたカラーズは、晴れてベビーカステラを手に入れて美味しくいただくのであった。
 ¶
その後はED、そしてCパート。
カラーズが大きな敷布団と掛け布団を引きずって上野の街を歩く。そして交番から見えるところで、布団を広げて、三人で寝てしまう。
それを見た斉藤巡査は、今日も上野は平和だと呟き、仕事に戻っていく。
 
最終回はギャグも一貫性がなく、また登場人物が勢揃いするなど賑やかながら独特の寂しさがあった。
しかし作品全体としては、優秀であり今季の炉利王に王手をかけた感がある。制作会社C-Stationもシルバーリンクの下請けを長年勤めており実績はあるのだ。
とくにさっちゃん役の高野麻里佳が名を挙げた作品だ。演技が突き抜けていた。さすがに浅野真澄に薫陶を受けた「それが声優だ!」の一人だな。

-2018年冬, アニメ, 三ツ星カラーズ
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 第4話 「ブタ野郎には明日がない」

ひなこのーと 第2話 かかし時代

Re:CREATORS 第8話 「わたしにできるすべてのこと」マジカルスプラッシュフレアー!

覆面系ノイズ 第8話 キラキラ星再び

フレームアームズガール・ガール 第2話 コトブキヤのシャープ支援策