2018 競馬

フェアリーS 2018 プリモシーン

投稿日:

シスルが逃げてそれに低人気馬が絡んでペースが必要以上に速くなる。一番人気の大外枠テトラドラクマ(1勝馬)は好位の外に付ける。二番人気のプリモシーン(二戦目未勝利を勝ち上がり)は中団待機、三番人気トロワゼトワル(アルテミスS4着)は殿待機である。

34角の勝負所でスカーレットカラー(アルテミスS5着、阪神JF2着リリーノーブルの勝った白菊賞2着)が後方から仕掛けると、前にいたプリモシーンも動いて、4角では先頭に取り付く。一旦直線ではスカーレットカラーに追いつかれるシーンもあったが、プリモシーンが伸びると1馬身抜け出し優勝。スカーレットカラーは届かず二着。直線競馬で遅仕掛けだったレッドベルローズ(新馬勝ちからの二戦目)が追い込んで三着。一時は伸びるかと思ったトロワゼトワルは直線で伸びきれず内の人気薄で4着ハトホルさえも交わせず5着に終わる。上がり一位はトロワゼトワルで、今回の作戦は極端だった。一番人気テトラドラクマは最後は脚が上がっていた。

勝ち時計は1分34秒6で上がり34秒5。昨日の金杯の時計を考慮するとまずまずか。騎乗した戸崎は中山金杯に続いて重賞連勝。新春から度々地震が起きるはずだ。

三戦目までの馬を除いて、クラシックでの上がり目はなかろう。プリモシーン(ディープインパクト産駒)については冬場の入れ込み具合からしてマイラーだが、今後のローテーションが難しい。クイーンC狙いかな。
二戦目のレッドベルローズ(ディープインパクト産駒)はフラワーCからオークスか。

京都競馬場のメインレース万葉S(9頭立て)は二番手から二周目坂上で先頭に立った7番人気トミケンスラーヴァが押し切った。時計が掛かる馬場なので3分7秒0という時計は秋山騎手が軽量を活かし切った。ペース判断が良かった。彼は今年も穴ジョッキーだ。

レース終了後、京都競馬場ではキタサンブラックの引退式が行われた。

京都ではベラボーに強かった(4戦4勝)馬だった。

 

-2018, 競馬
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

チャンピオンズカップ 2016 サウンドトゥルー

東京大賞典 2016 アポロケンタッキー

弥生賞 2017 カデナ

東京スポーツ杯2歳S ワグネリアン 2017

共同通信杯 2017 スワーヴリチャード