2018年春 アニメ ヒナまつり

ヒナまつり 第8話 「そしてヒナはいつも通り」 釣りは壮大だが…

投稿日:2018年5月28日 更新日:

 

釣りは壮大だったが、いずれのエピソードもオチが弱かった。今まであまりに人情味とギャグが高水準で来ていたため、レベルダウンが目立つ。子供たちは面白いと言うが、大人からすると物足りない。
のっけから組織に回収されることになったヒナ。抵抗すると首チョンパだと言うのである。

 

話は組織の警備主任イカルガが現れたところから始まる。アンズの前に現れたイカルガはヒナの居場所を吐かせる。そこで彼女の行動チェック表にしたがい、彼女が真っ当に暮らしているか調査を開始する。その上級編に動物を慈しむと言うのがあった。以前のヒナなら考えられない事だったが、今のヒナは雨の日に捨てられている仔犬がいたら、傘を差しかけてやる子になっていた。

 

 

マミはヒナのクラスメート。ある日、ヒナが超能力を使っているのを見て、弟子入りする。マミは修行をするが、いつまで経っても終わらないので、帰りたいヒナがちょっと超能力を使って動かすと、マミは自分で動かしたと勘違い。挙げ句の果てにヒナが寝ている中、クラスの前で超能力ショーを始めてしまう。その結果、二日間の登校拒否と相成った。

 

ヒナはイカルガに呼び出され組織へ帰ることを通告される。実は組織はヒナを首チョンパにすることはもうできなかった。しかしそのことにヒナは気づいていない。最後に新田にイクラ丼をご馳走になり、再びイカルガの元に出向く。
ヒナを組織に戻す移動装置は新田がお漏らしをして捨ててしまっていた。ヒナは喜び勇んで新田の元へ戻るが、ヒナがいなくなって浮かれてはしゃぐ新田の姿にドン引きしてしまう。
どのオチもイマイチだし、嫌なラストだった。人情味のあるコメディだと思っていたのに、裏切られた感じだ。

-2018年春, アニメ, ヒナまつり
-, , , ,

執筆者:

関連記事

3月のライオン 第11回 ゆく年くる年

セイレン 第2回 ジャージプレイと自販機プレイ、どちらがお好み?

Lostorage conflated WIXOSS 第5話 「集結/渦と濁流」 るう子だけが頼り

神撃のバハムート Virgin soul 第1話(新) リタさんちのメイドラゴン

つぐもも 第2話 あまそぎ