アニメ

ネト充のすすめ 第2話 「私たちは何も知らない」

投稿日:2017年10月16日 更新日:

前半:
森子はゲーム仲間に年を10歳もサバ読みにして教えたことから、リリィにも伝わってしまい、罪悪感を感じる。

後半:
森子はコンビニへの道で通勤途中の金髪碧眼のイケメンと衝突し、病院に担ぎ込まれる。すぐ退院したが、お礼のメールをすると早速お食事のお誘いが…。

単純にウジウジしてないで、美容院に行けと言いたい。森子はかなり重症のニートだな。
いっそのこと、病院に行く方が良いかもしれない。

かなり話の展開が早い。こっちは面白いが、この作品は原作者が病気で2年も休んでいるんじゃなかったっけ。最後はアニメオリジナルを使うつもりだな。

だから先行きに、少し不安に感じる。
そもそも作者が顔見せできないこの作品を、何故アニメ化しようと思ったのだろう。原作者の病院代のためか。そうだとすると、かなり哀しい。

と思ったらもうDVD1巻発売してる~w

 

-アニメ
-,

執筆者:

関連記事

Re:Creators 第17話 「世界の屋根を撃つ雨のリズム」

Re:Creators 第4話 「そのときは彼によろしく」

ようこそ実力至上主義の教室へ 第7話「無知な友人ほど危険なものはない。賢い敵のほうがよっぽどましだ。」

賭ケグルイ 第10話 「選択する女」

リトルウィッチアカデミア 第14話 ルーナノヴァのエネルギー問題