2018 競馬

スプリングS  ステルヴィオ 2018 スローの上がりの競馬でエポカドーロを差す

投稿日:2018年3月18日 更新日:

馬場は好天で良馬場だが、時計はやや時計のかかる馬場
中山競馬場、前人気は朝日杯ダノンプレミアムの2着のステルヴィオ(ロードカナロア産駒)、G3東京スポーツ杯2歳S2着の後、G1ホープフルS(2000m)で掲示板を外した良血馬ルーカス、初重賞挑戦エポカドーロ(オルフェーブル産駒)が上位。
レースは津村コスモイグナーツが大逃げで前半59秒6とハイペース。しかしエポカドーロ以下が自重して二番手以降はスロー。
直線に向いて二番手からエポカドーロが自ら動いて先頭に立ち、ゴール前まで粘るが、中団外から直線外をぐいと伸びたルメールのステルヴィオがハナ差捕まえた。
皐月賞への出走権を得るスプリングS3着には、6番人気マイネルファンロン(柴田大地騎乗)が流れ込んだ。ステイゴールド産駒であり、このレースの血統適性が出た。
勝ち時計はペースメーカーがいながら1分48秒1。勝ち馬の上がりもトップの34秒1。勝ち馬が競り合いが得意なことは分かったが、二番手以降にとってはスローの上がりの競馬になり横並びの接戦なので、皐月賞に直結すると思えない。長く良い足を使ったエポカドーロの方が伸びしろがありそう。
 ¶
ただステルヴィオに朝日杯で完勝したダノンプレミアムの強さが光った一戦だった。
一方ワグネリアンの株は下がった。

-2018, 競馬
-, , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

青葉賞 (ダービートライアル) 2018 ゴーフォザサミット 高速馬場を味方に付けて快勝

東京スポーツ杯2歳S ワグネリアン 2017

中山金杯 セダブリランテス(戸崎), 京都金杯 ブラックムーン(武豊) 2018

秋華賞 2016 ヴィブロス

シンザン記念 2018 アーモンドアイ