2018年春 アニメ ウマ娘プリティーダービー

ウマ娘プリティーダービー 第7話 「約束」 ついに運命の日がやって来た

投稿日:2018年5月7日 更新日:

リアリズムの追求かファンタジー世界か。

今季「ヒナまつり」とダブル監督をしている及川啓の選択は、ファンタジーだった。

 

 

 

しかし最後までどちらに転ぶか分からない展開。冒頭からスペシャルウィーク菊花賞での敗戦(史実では天皇賞・秋の後)を回想シーンで流す。

 

 

そして苦しいが楽しい温泉合宿に入り、良い思い出を作らせて最後は現実に突き戻すのかと思った。

 

 

天皇賞・秋サイレントスズカは確かに故障を発生して競走を中止する。しかし手当が早く(スペシャルウィークが故障した足に手を添えたため)骨折のみで助かる。今後の復活が示唆されて、全ウマ娘が見舞いに来るシーンで特別ED「Silent Star」(サイレンススズカCV高野麻里佳)が流れる。

 

 

あのシーンにトラウマを感じて、IFを求めてきた競馬ファンなら、号泣ものだった。本当にああだったらどれほど良かったか。

 

 

しかし当時20歳以上であり、馬券を賭けて泣いたファンを対象にしているとしたら、みんな今は40歳以上ではないか。そんな連中に円盤が売れるのかw?

それから天皇賞・秋の優勝馬がエルコンドルパサーに代わっていた。実際に勝ったオフサイドトラップはエルコンドルパサーと同一馬主だから出来た歴史改変劇だ。(当時の馬主渡邊隆は神っていた)
しかしオフサイドトラップの名誉のためにも優勝馬だけは変えて欲しくなかった。オフサイドトラップを前もってチーム・リギルで登場させておけば良いだけの話だ。

温泉合宿も必然性が全く無い。

同年のジャパンカップ(優勝馬はエルコンドルパサー)は果たして放送されるのだろうか?あと5回ぐらいだから、ギリギリ入ると思うが、少し心配。

 

 

と言うことで、満点は逃したが、シリーズ中間で二回続けて9点の出来だ。覇権も見えてきた。Cygamesの資本がモノを言っているとは言え、スタッフはよくやっていると思う。

 

 

-2018年春, アニメ, ウマ娘プリティーダービー
-, , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

ピアノの森 第3話 「モーツァルトの遺言」 お前の敵はお前だ!上がり症の誉子登場

アトム・ザ・ビギニング 第4話「練大祭にようこそ」;進撃の巨人2期 第31話

土曜日の夜は「エロマンガ先生」が飛ばしているため、一強三弱体制になりそうだ。それでも小学館が全力を注ぐ「Re:CREATORS」はなかなか踏ん張っているが、他の二弱にも頑張ってもらいたい。 &nbsp …

ネト充のススメ 第8話 「一歩前へ踏み出してみた」

シンデレラガールズ劇場 第7話 諸星きらり回

ひそねとまそたん 第9話 「ギャーーー!!」 もう一人のマジレッサー棗