2019年冬 アニメ ウマ娘プリティーダービー

ウマ娘プリティーダービー 第14話 BNW編 「BNWの誓い」 ぐずるナリタタイシン

投稿日:2019年1月3日 更新日:

ビワハヤヒデ(菊花賞、天皇賞・春、宝塚記念)、ウィニングチケット(ダービー)、ナリタタイシン(皐月賞)の三頭はともに同じ年のクラシックを分け合った馬。しかし翌年にはともに故障してしまい失意の日々を送っていた。そんな中、トレセン学園で春の感謝祭を開く。そこでBNWがそれぞれチームを作り、駅伝大会を開こうとシンボリルドルフ生徒会長が企画してチーム・スピカに実行委員を任せる。チーム・スピカは嫌がるが、賞品がスイーツ一年分と聞いて自ら選手に立候補する。
しかし肝心の皐月賞組リーダーであるナリタタイシンは宝塚記念(1995年の京都、超高速馬場)で完敗して競走に自信を喪失していた。

史実に忠実という話だったのに、全くフィクションになっている。
また先輩後輩の関係がいい加減である。
それはそれとして、サイレンススズカを米国遠征中という設定にして、蚊帳の外に置き、若手声優を起用して次々と新たなウマ娘に起用しているので、C/Pは改善されただろう。
個人的には関西馬が無冠だった1987年のクラシックを賑わせた唯一の関西馬ゴールドシチーが重要な役で出ているのが嬉しい。
あと二回、この駅伝大会を引っ張るのだが、どういう風に見せ場を作るのか?期待したい。
ちなみに1993年クラシック世代ではシクレノンシェリフが好きだった。

-2019年冬, アニメ, ウマ娘プリティーダービー
-, , , ,

執筆者:

関連記事

リトルウィッチアカデミア 第15話 帰ってきたシャリオ

キノの旅 -The Beautiful World- 第2期第7話 「歴史のある国」

NEW GAME! 第13話OVA 「私、社員旅行って初めてなので…」

はねバド! 第10話 「バックハンドの握りはこう」 ちっ、男子回

NEW GAME!! 第6話「あぁ…すごいなぁ…」