2019 競馬

アメリカン・ジョッキーズ・クラブ・カップ(AJCC)2019 (GII, 芝2200m) シャケトラと角居師 奇跡の復活!; 東海S(GII,ダ1800m)インティ

投稿日:

大笑いである。しばしば言っているように中長距離戦で冬の明け4歳に期待しすぎるなと言うことだ。

中山競馬場、芝良馬場。9レース菜の花賞(3歳芝1600m)の勝ち時計が1分33秒8(R上がり35秒4)でさほど遅くない。

レースはステイインシアトルの逃げで始まった。素人は逃げると思っていた4歳2番人気ジェネラーレウーノだが、押さえて2番手追走。その後をミライヘノツバサが先行する。

好位勢は4歳の菊花賞馬で1番人気フィエールマン、3番人気ダンビュライト、古豪シャケトラだが、外の方が伸び脚が良い。その後、中団をマイネルミラノ、メートルダール、サクラアンプルールが並走する。

前半1000mは62秒2とスローペース。前残りかと思われた残り800mで1年の休み明けシャケトラが外目を付いてギアを上げるのが分かった。

四角手前でトップギアに入り、先頭に並び掛ける勢い。直線を向いても勢いは止まらず、ついに先頭に立つ。

ペースが上がったため、フィエールマンも外から追撃するが、アタマ差まで追い詰めたところがゴール。

 

勝ったのは一年ぶりのGII大将シャケトラ、勝ち時計2分13秒7(上がり34秒2)。インフルエンザに罹った戸崎騎手のピンチヒッター田辺騎手の好騎乗が目立った。角居調教師は飲酒運転で休業後、嬉しい初勝利。

ルメール騎乗を持ってしても2着フィエールマン(上がり1位)、4分の3馬身差の3着はメートルダール(上がり2位)。逃げられたのに逃げなかったジェネラーレウーノは4着だが、単に馬体重が8キロ増が原因と思われる。この馬の場合、行かないと上がりがないため、如何とも出来なかった。

 

 

中京競馬場(小雨が止んで曇良馬場)ダート1800mで行われた東海ステークスは、人気通り武豊騎乗インティが逃げて優勝した。

前半を61秒5で貯めたインティは上がりも48秒3で勝ち時計1分49秒8にまとめた。

 

 

2番人気のチュウワウィザードは2馬身差2着に敗れた。

それから7馬身差に付けられて3着はスナハマ。

 

-2019, 競馬
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

帝王賞 2017 ケイティブレイブ

マイルCS. 2016 ミッキーアイル

スプリングS  ステルヴィオ 2018 スローの上がりの競馬でエポカドーロを差す

日経賞 2017 シャケトラ

根岸ステークス (D1400m) 2019 コパノキッキング – マーフィー騎手お手柄、本番は藤田菜七子騎乗で; シルクロードS なおみ馬券でダノンスマッシュ