アニメ

ようこそ実力至上主義の教室へ 第12話(終)「天才とは、狂気よりも1階層分だけ上に住んでいる者のことである。」

投稿日:

伊吹はCクラスのスパイでAに情報を流していた。倒れた堀北綾小路は助ける。そこで堀北はカードを奪われたことを告白する。堀北は自分がボッチであることが悪かったと責任を感じていた。綾小路は熱を出した堀北をリタイヤさせ、平田に事態を報告する。平田は事態を悲観していたが、綾小路には考えがあるようだ。
最終日も終わり、全クラスが召集され各クラスのリーダーの報告をする。そのときリタイヤしたと思われていたCクラスの龍園が森から出て来た。彼はAクラスのハゲの味方のふりをしながら、そのライバルに通じて、トップを狙っていた。
しかし成績発表が行われて、何とDの圧勝で以下BACの順だった。
後半は綾小路が堀北に種明かし。そして手柄を全て堀北のおかげだと平田に言って、堀北の好感度を上げる。綾小路は先生の元へ行き、あの男つまりラスボスである父親が何と言ったのか尋ねた。

この終わり方は、2期ありだな。大人から見て、大して面白くないが子供達は面白いようだ。今期は最初の掴みが良くて見始めたが、2期は見ないだろう。

-アニメ
-, ,

執筆者:

関連記事

アニメガタリズ 第8話 「アリス、オカネガタリマセンワ」

3月のライオン (2期) 第6話 「小さな世界/手紙」

シンデレラガールズ劇場 第13話(終)「無限の可能性」

少女終末旅行 第9話 「技術/水槽/生命」

私がモテてどうすんだ 第7話 聖地巡礼回