2018年春 アニメ

ひそねとまそたん 第12話(終) 「無敵の私たち」 力技のハッピーエンド

投稿日:

最終回になって、ひそねらDパイはが生贄にされることに気付く。
そして儀式の最中にまそたんは乱入し、巫女を説得して作戦を変更する。
お寝返りを実行するためには、巫女の鈴に隠された短剣でみたつ様の急所を射し貫き、再び眠りにつけなければならない。
そこで志願したのが、ひそねだった。
ひそねは必ず生きて帰ると言い、まそたんに乗り再びみたつ様に特攻する。
朴璐美を神道の儀式の生贄にしたら国際問題になると思っていたが、何と力技で見事ハッピーエンドにしてしまった。
福本莉子は東宝シンデレラだが、このアニメではオープニング歌手と巫女棗役の二役を演じて、大変だったろう。本来なら上白石萌音のようにアニメ映画の主役声優をやる立場の人間だが、一般アニメによく出て来てくれた。もう2度とテレビアニメに出ることはないだろうが、劇場用アニメなら可能性はある。
久野美咲は炉利ではない役で第一回は慣れていないようだったが、回を追うごとに良くなった。
それから河瀬茉希のツンデレぶりが良かった。またアニメに出演して欲しい。
全体的には、盛り上がりに欠けた作品だった。
樋口真嗣総監督の戦闘機=ドラゴンというアイデアを岡田麿里がうまく膨らませられなかったからだろう。怪獣系ファンタジーはやはり苦手なようだ。

-2018年春, アニメ
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

終末のイゼッタ 第7話 ソグネフィヨルド海戦

ハイスクールフリート OVA 前編+後編「納沙幸子もピンチ!?」

魔法使いの嫁 第8話 「Let sleeping dogs lie」

ひなこのーと 第7話 お楽しみ水着回

少女終末旅行 第3話 「遭遇」「都市」「街灯」