2018年夏 アニメ

はねバド! 第2話 「運動の後の肉は格別ッス!」

投稿日:2018年7月10日 更新日:

なぎさ綾乃はゲーム形式で勝負するが、綾乃がやる気が起きないのに、なぎさが空回りしてリードされる。そして綾乃はシャトルを追うのをやめて、こんな勝負をしたって何の役にも立たないと吐き捨てる。そこでゲームは中止となり、エレナがバド部のマネージャーに就任して幼馴染で金魚の糞である綾乃も自動的にバド部に入部させられる。

 

なぎさと綾乃のペアとコーチと男子部員のペアでゲーム形式で戦うが、なぎさと綾乃のコンビネーションはバラバラでぶつかってばかりだ。
なぎさを一旦下げて理子を入れてダブルスをやり直すと、理子はうまく綾乃の長所を引き出してくれる。

 

 

なぎさが下校中に部を辞めた三年生に絡まれる。なぎさと一発触発かと思ったら、三年生からバドミントンをあれほど好きななぎさが羨ましかったと告白する。
翌日、なぎさはコーチから対戦を申し込まれる。尻込みしていたが、勝てる相手としかやらないと言われ、発奮する。
しかしさすがは元日本代表だけのことはある。またスコンクされそうになる。そこでコーチがなぎさの弱点を気づく。スマッシュだけが自分の武器と思い込んで、しかもコースアウトやネッティングが怖くて攻めきれない。だから間ができて相手に見切られる。その上で体格のいい人間は上手で当たり前と言われるが、それだけ足腰を鍛えて機動力をアップしなければ試合球に反応できない。なぎさは努力家だと言ってやる。
その一言に心は軽くなり、今まで部活のみんなに謝罪して、インターハイへの出陣式を行う。

 

一方、宮城県では変な桃髪ツインテールが吠えていた。これぞ綾乃に土をつけてトラウマの一因となった芹ヶ谷薫子だった。

 

比較的アッサリとキャプテンのつきものは落ちた。
しかし綾乃はコーチでは変わりそうにないな。やはり同世代のライバルと切磋琢磨しないと。
作画、演出文句なし。10点満点。

-2018年夏, アニメ
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

少女終末旅行 第4話 「写真/寺院」

Fate/Apocrypha 第10話 「花と散る」

天使の3P! 第3話 「停滞する少年の下降と逃走、そして教会から来た少女達」

恋愛暴君 第2話 「くんすかくんすか×青司くんを傷つけていいのは、私だけなの」

TVアニメ「お見合い相手は教え子、強気な、問題児。」公式ティザーPV