2018年夏 アニメ

はたらく細胞 第6話 「赤芽球と骨髄球」 真の黒幕は石田だった・・・

投稿日:2018年8月18日 更新日:

いつか立派な赤血球になれるように──。それはまだ、赤血球が赤血球になる前、幼い赤芽球だったころの話。赤芽球はマクロファージ先生のもとで、一人前の赤血球になるため、一生懸命訓練中。だけど方向音痴の赤芽球は、訓練の途中で迷子になることもしばしば。ある日、細菌から逃げる避難訓練をしていた赤芽球は、そこでも迷子になってしまい……。

前半の赤芽球の話は枕である。

後半からかなり強敵が現れる。

一般細胞が実はNK細胞(ナチュラルキラー細胞)と互角にやりあうだけの悪玉だった。

これはがん細胞かな。

一般細胞の声優が石田彰だった意味がわかったような気がする。

 

 

-2018年夏, アニメ
-, ,

執筆者:

関連記事

アリスと蔵六 第2部放送直前特番

Just Because! 第6話 「コットンハート」

監獄学園(終)退学の危機から逆転釈放!:金曜アニメ

ウマ娘プリティーダービー  第12話 「夢の舞台」 スペ子、モンジューと府中JCで頂上対決

シュタインズ・ゲート ゼロ 第23話(終) 「無限遠点のアークライト」 綺麗な終わり方だった