2018年夏 アニメ

はたらく細胞 第5話 「スギ花粉アレルギー」 ついに薬物投与!

投稿日:2018年8月12日 更新日:

大量のスギ花粉が体内に侵入! スギ花粉を排除するため、現場へと急行した白血球(好中球)は、そこで“記憶細胞”と居合わせる。記憶細胞は免疫記憶を保持しているリンパ球である。現場の光景を目の当たりにし、なぜかあたふたしている記憶細胞。「なんてこった! これじゃまるで、言い伝えと――」記憶細胞が言う“言い伝え”とは……?(番組サイト)

 

この後、言い伝えの内容がB細胞の出すigE(免疫グロブリンE)マスト細胞の出すヒスタミンの過剰放出によって起こされるアレルギー反応だと判る。

結局、人間の体ではどうしようもなく、ステロイド薬剤で収拾を付ける。

インフルエンザより悲惨なことになっていた。

人間の体はアレルギーを抑えることはどうしても出来ないんだな。

 

-2018年夏, アニメ
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

カブキブ 第2話 「いとしと書いて藤の花」

アリスと蔵六 第5話 メイド刑事の強さはチートだった

あそびあそばせ 第11話 「さよなら生徒会長/オカケン・ウィッチ・プロジェクト/顔面凶器」

Free!-Dive to the Future- 第2話 「流星のプロミス!」 まさかのダブル嫉妬

終末のイゼッタ 第7話 ソグネフィヨルド海戦